TOHOブログ

東宝ホーム 福岡TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

非公開土地で出会えた理想の宅地。自然豊かなエリアで平屋暮らし~スタッフ回顧録—Part⑩

市街地から少し離れるだけで豊かな自然に出会える久留米エリア。福岡市内など都心に比べると、土地価格を抑えられるため、大きな家を建てやすいことも特徴です。

今回は「100坪くらいの広さで平屋暮らしをしたい!」と家づくりをスタートさせたK様邸のストーリーを担当営業・井澤がご紹介していきます♪





◆立地・予算・広さを満たす土地に出会うまで◆


 

QK様邸の家づくりのキッカケは?




A:もともと、他県にお住まいだったK様は転勤で久留米に越してこられました。他県に住んでいた頃からマイホーム計画を進めていたそうですが、ご両親が大分県在住とのことで、同じ九州内でアクセスも良い久留米で家を建てることに。最初の出会いは、総合展示場への来場でした。既に、有名な大手ハウスメーカーは56社ほど訪れていたそうで、「九州で地場企業のハウスメーカーをチェックしてみよう!」と東宝ホームにお越しくださいました。

 

Q:東宝ホームにご依頼くださった決め手は?




A:転勤で引っ越してこられたので、土地勘がなかったK様。ご夫婦共にご実家が大きな住まいでお庭も広かったこともあり、土地探しについては、『市街地から離れすぎない』『職場の近く』『100坪程度の広さ』という条件でした。しかしながら、この条件で予算をクリアする土地がなかなか見つからず…。それは、比較検討されていた他社メーカーさんも同じだったようです。条件に見合う土地が出るたびにご紹介を続けながら34ヵ月が経過。K様が「もうちょっとエリアを広げてみようかな?」と再検討されていた折に、『子育て環境としても最適な分譲地』or『郊外にある広めの宅地』という2つの物件が出たため、さっそくK様にご紹介。当初は、分譲地の方で勧めていましたが、予算の都合上、後者の宅地をご契約いただくことになりました。





◆独自のネット―ワークで理想の土地探しをサポート◆


 

Q:理想の土地に出会えてよかったです。




A:はい!今回、最終的にご紹介した2つの物件は、東宝ホームのオーナー様の土地を自社管理していたものなど、いわゆる非公開の土地になります。K様ご自身もネットなどで土地情報をチェックしたり、実際に売地がないかエリアをまわったりされていたそうですが、非公開の土地は看板が出ていないことも多いため、一般の方は知り得ることができません。K様からも「ここまで土地を探し続けてくれてありがとう!」とのお言葉と笑顔をいただくことができました!

 

Q:いよいよプランニングのスタートですね!




A1歳のお子さんがいらっしゃるK様夫妻。将来、奥様が就業復帰することを見据え、室内干しができるランドリールームを取り入れたいとのことでした。通常、ランドリールームの場所は配置に悩むことが多いです。日当たりの良い南側に配置すると、北側の水回り(洗面室・脱衣室)と離れてしまうため、動線は不便になってしまいます。しかしながら、東宝ホームの独自工法『ハイブリッド・エア・コントロール』は、室内と壁内の湿気まで排出するため、梅雨時期でも家の中はサラサラです。

この『ハイブリッド・エア・コントロール』により、間取りの方位を気にせずにランドリールームの配置を決めることができます。K様邸は、最終的には脱衣所を広めにし、ランドリールーム兼用の間取りに決定。キッチン~パントリー~脱衣所が一直線の動線で家事ラクを実現しました。

 

 

いかがでしたか?

今回ご紹介した営業スタッフ・井澤は【KBCマイホーム展久留米会場(094245-1112

HP>>https://chikugo-toho.com/exhibition/kbc_kurume/に常駐しております。ぜひ、お気軽にお問合せ・ご来場ください♪

2020.04.28 | 固定リンク | 家づくり