TOHOブログ

東宝ホーム 福岡TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

家づくりで土地や性能と同じくらい大切なこととは? ~スタッフ回顧録―Part⑬~
今回は、hitマリナ住宅展示場に常駐する営業スタッフ・松田がI様邸の家づくりストーリーを振り返ります。入社5年目の松田ですが、休日の楽しみはYouTubeでお笑いの動画を観ること!イチ押しの芸人は、お笑いコンビの「ラランド」だそうです。インドアだけでなく、旅行も大好きで、「少し前にはなりますが、長崎県の雲仙はすごく良かったです!」と語ってくれました。













Q:I様との出会いを教えてください。

A:分譲地の見学会にお越しいただいたことがI様との出会いです。そのときは、既に他社でご契約する直前で、「東宝ホームも気になっていたので、確認しにきました」とのことでした。その後、I様が以前から希望しておられたエリアに土地が見つかったこと、また、手前みそではありますが、自分の人柄を気に入っていただき、東宝ホームでご契約していただける流れになりました。

ところが、その後、私とI様の間でちょっとした連絡の行き違いがありまして…。「冷静になって考え直したくなったので、一旦契約は白紙にしてください」とのお申し出がありました。I様とは、すごく良い関係を築くことができていただけに、些細なことに気が付けなかった自分が悔しくて。その日の夜にご自宅へお詫びに伺い、「東宝ホームの人間だからとかは関係なく、人としてお詫びさせてください!」とお伝えしました。






◆便せん4枚に綴られたメッセージ◆


Q:その後、I様からご連絡はあったのでしょうか?

A:それからしばらくはご連絡が途絶えていたのですが、2ヵ月後に「やっぱり松田さんのことが忘れられなくて…」とご連絡をいただけたんです!その後、ご契約いただいた際にご主人様から一通の手紙を渡されまして…。封を開けると、便せん4枚に渡って、自分とI様との出合いやさまざまなエピソードと共に、「あの時に、お詫びにきてくれた姿が忘れられない。やっぱり松田くんに家づくりを託したいと思いました」と綴ってあり、すごく感激しました。


◆家づくりを介した人と人とのお付き合い◆


Q:その経験から得たものはありますか?

A:I様が後に打ち明けてくださったのですが、他社でご契約が決まりかけていたにも関わらず、東宝ホームにお越しくださったのは、「正直、家や性能、土地は良かったけど、担当者の対応が良くなかったから…」とのこと。この経験から、家づくりにとって土地や性能は重要だが、やはり人と人とのお付き合いを抜きにはできないと強く実感し、一棟一棟に対する想い入れがますます強くなりました。


Q:引き渡し後、I様とのお付き合いは続いていますか?

A:もちろんです!住み心地に関しても「文句が1つもない!」と嬉しいお言葉をいただきました。I様からは、「松田さんは、嘘がつけない性格だよね。お客様にとってデメリットになるようなことも言っちゃうし。だけど、そこが良いところだよ」と言われたことが嬉しくて。今でも、ご自宅の近くにいったときは必ずご挨拶に立ち寄らせていただいていますし、時には飲みにいくこともあるんです(笑)。I様は人生の先輩でもあるので、今では私がいろいろと相談にのっていただいています!

姉妹家族で共有する完全分離の二世帯住宅 ~スタッフ回顧録—Par⑫~

みなさんは二世帯住宅にどのようなイメージをお持ちでしょうか?いわゆる親世帯と子世帯の二世帯同居だけでなく、ご家族のカタチによって、フレキシブルな住まい方ができることも二世帯住宅の魅力です。そこで今回は、姉妹ご家族と姉妹のお母さま、お祖母様の4世代で住まう二世帯住宅の家づくりをご紹介。担当営業は、前回のスタッフ回顧録同様に、hitマリナ住宅展示場に常駐する櫻井です。家づくりの参考やヒントに、ぜひお付き合いください!







Q:ご家族構成と家づくりのキッカケを教えてください。



A:姉妹ご家族と姉妹のお母様、姉妹のお祖母様。姉妹ご家族にはそれぞれご主人様、お子様がお一人ずついらっしゃるので、4世代、家族8人で暮らす住まいです。姉妹それぞれのご家族共に家づくりを検討しておられた折、まだ20代だったこともあり、ファイナンシャルプランナーさんから「現状の予算では家の購入は難しい」と言われてしまったそうで。悩んだ結果、「自分たち姉妹家族、二世帯で住むのはどうか?」という結論に至り、「姉妹家族で共有する二世帯住宅をつくろう!」と動き出したとお聞きしました。

 




Q:当初は他社メーカーさんで契約していたとお聞きしましたが…。



A:その通りです。姉妹で共有する二世帯住宅ということが決定し、東宝ホームを含む複数のメーカーで依頼先を検討していたのですが、他社メーカーさんで契約されることになったとご連絡をいただきました。ところが、後日「融資付けがスムーズにいかず、解約することになってしまって。どうにかなりませんか?」とご相談があって…。

実際、融資は条件が変われば通過することもあり、年収や貯金額だけでは判断できないことも多々あります。その後、無事に融資が通過し、東宝ホームの自社分譲地をご紹介することができました。

 




Q:どういった二世帯住宅なのでしょうか?



A2階建ての4LDKが左右に2つ並んだ二世帯住宅になります。1階の和室と2階の子ども室でそれぞれの世帯が繋がっていて、ぞれぞれの住まいの間には中庭を配置。お祖母様はお姉様世帯の和室に、お母様は、お子様がまだ小さいため、現在は使用していない2階の子ども室に自室を設けています。完全分離なので、玄関・水回り・階段もぞれぞれの世帯にあるタイプです。玄関や階段を2つにすると予算も上がることもあり、凄く悩まれていたのですが、これから長い間お互いが快適に住まうことを優先し、完全分離を選択することになりました。

 




Q:プランニングはスムーズでしたか?



A:住宅地だったので、法律的に建築制限があり、限られたボリュームの中で二世帯分の要望を実現していくことに工夫が必要でした。あと何よりも重視したのは、それぞれの世帯の平等性です。1階・2階で分離する二世帯住宅にすると、それだけで平等性を保てないので、左右分離にした理由は、そこにもありまして。お互いに南側にリビングをつくるなど、平等性を保った二世帯住宅が完成しました。



Q:住み心地についてはお聞きしていますか?



A:入居されて1年。それぞれの世帯にお子さんが誕生したばかりなので、子育てなども協力し合いながら、楽しく過ごされているようです。ご主人様には、それぞれに書斎をつくっているので、お一人の時間もしっかりと確保しているとお聞きしました。完全分離の二世帯住宅ですが、将来的に繋がっている間取りに壁をつくることで、いつでも一世帯ずつに分けることができるという安心感も、心地よく暮らせる理由になっているのではないでしょうか。

 

 

いかがでしたか?

今回ご紹介した営業スタッフ・櫻井は【hitマリナ通り住宅展示場(092-883-4838

HP>>https://fukuoka-toho.com/exhibition/?dno=5&area=2&detail=on&ex=0に常駐しております。


ぜひ、お気軽にお問合せ・ご来場ください♪

建売でもここまでできる!『シンボルツリーのある土間リビング』~お客様事例~
オーナー様限定で実施されたインスタキャンペーン『#我が家の東宝ホーム』から、注目のお住まいをピックアップ!今回は、シンボルツリーのある土間リビングを投稿してくださいました『nao.k99様』のお住まいを担当営業・児島がご紹介します。(nao.k99様、素敵なご投稿ありがとうございました♪)

 

◆建売で自由設計のようなデザイン住宅◆

ご家族で立ち寄った建売モデルハウスの見学会でご主人様が一目ぼれした土間リビング。
机で囲った植栽がシンボルツリーのように印象的です。自由設計のようにデザイン性が高いリビングルームでありながら、実はこちらは分譲モデルとして販売していた建売住宅。建売住宅に「同じような家が並んでいる」というイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、東宝ホームの建売住宅は、一棟一棟にテーマがあり、設計士とコーディネーターがコンセプトに沿ってつくりあげていきます。そのため、建売が数棟並んでいたとしても、外観デザインはもちろん、間取りや動線など、それぞれが個性豊かであることが特長です。

◆海の傍にある大型分譲地こそのデザイン◆

nao.k99様邸が建つのは、子育て世代が多く集まる大型分譲地。
すぐ傍には海があり、海岸へも歩いていくことができるため、お子さんたちもお友達と海で遊ぶことが多いそうです。海岸で遊んで、砂まみれになった子どもたちが遊びに来ても、外から直接出入りできるリビング土間があれば、家の中が汚れる心配がないので、大人も子どもも安心。実際、放課後はご近所に住むお友達が集まり、気が付けば土間リビングに十数名の子どもが遊んでいるなんてこともあるようです(笑)。

◆「土間リビングって寒くないの?」◆

東宝ホームは、家全体を覆う外断熱により、もちろん基礎から断熱しています。地熱を利用して温度を一定に保つため、広々としたリビング土間をつくっても、暖かい空間を維持できることが大きな特長です。リビング土間に面したサッシは、外の温度を取り入れにくい『サーモスエックス』をオプションで採用。(※現在『サーモスエックス』は標準仕様となっています!)この土間リビングは、設計士が東宝ホームの高気密・外断熱の性能を体現するためにつくった間取りでもあります。そのため、同じデザインを気密性や断熱性の低い住宅で採用してしまうと、外気の影響を受けやすくなるでしょう。東宝ホームの高性能仕様があるからこそ、土間リビングのようなデザインを採用しても快適に暮らせるのです。







◆土間リビングのある暮らし◆

夏場はアウトドア・リビングとして開放的な使い方ができることも土間リビングの魅力です。人が集まることや、アウトドアがお好きなnao.k99様ご家族にピッタリの土間リビングのある暮らし。家づくりにおいて「何を優先するか?」は人それぞれだと思います。ほか、福岡エリアには、東宝ホームの高気密・外断熱の性能を生かしたデザイン性のある建売住宅も多数ございますので、ぜひ、お気軽に各展示場スタッフまでお尋ねください♪

今回ご紹介させていただいた住まいは、インスタアカウント:nao.k99からもチェックできます。ほか、ハッシュタグ『#我が家の東宝ホーム』ではオーナー様の住まいをご覧いただけます。ぜひ、ご覧ください♪
「冬は結露なし、夏はサラサラで涼しい!」袖壁でデザイン性とプライベート感のある住まい
将来のことを考えて「家賃を払い続けるのはもったいない。住宅ローンを借りるなら早い方が良い」と家づくりをスタートさせたM様。1年を通して、“夏はサラサラ、冬はポカポカ”で快適に過ごせる≪外断熱+エア・コントロール≫の住まいを高く評価していただき、家づくりをご依頼されました。

**\今回はM様営業担当の日高にインタビューしています/**





■太陽光パネルを搭載しつつデザインも重視■

Q:M様邸のご要望を教えてください。

A:「充分な容量の太陽光パネルを載せたい」というご要望が大前提でしたので、片流れの屋根にして太陽光パネルを大容量搭載できるようにしました。ところが、基本的に片流れの屋根は、いかにも“太陽光パネルのためだけの家”という印象が強く、デザイン性に欠ける部分があります。そのため、M様邸には、深い軒と外観の両側面がせり出している袖壁を採用。この袖壁は、周囲から室内への視線をカットできること、シンプルな外観にデザインのアクセントをもたらしてくれるメリットがあります。

Q:お庭に出やすいデザインとは?

A:ちょっと腰掛けるのにも丁度よい高さのテラスを外と室内の中間領域に配置。このスペースがあるからこそ、気軽に「お庭に出よう!」と思えるようです。このテラスはM様の希望によりメンテナンスが楽チンなタイル貼りを採用しています。深い軒で濡れにくいこともポイントです。

Q:明るくて開放的な吹き抜けの住み心地は?

A:大きな吹き抜けのおかげで昼間はほとんど電気をつけずに過ごしておられるそうです。この吹き抜けは、主寝室にある書斎と繋がっていて。ご主人さまの「書斎が欲しいけど、籠るのではなく明るい空間にしたい」というご要望をバッチリ実現できました。







Q:動線がすごく快適だとお聞きしました!

A:玄関からキッチンへ続く動線にパントリーを兼ねた便利な収納スペースを確保。買い物から帰宅して、ストックしたい生活用品などを直接収納できるので奥様が大変喜ばれているそうです。カウンターキッチンからは、リビングだけでなく、和室まで視線が届く設計に。お料理をしながらも、家族団らんの時間を楽しむことができます。

希望通りの住まいが完成し、ご家族で楽しい毎日を過ごされているM様。外断熱+エア・コントロールの住み心地についても「冬は窓に結露がつかないし、夏はサラサラで涼しい!」と語ってくださいました。

東宝ホームでは、外断熱+エア・コントロールの住み心地を体感していただける『宿泊体験』をご用意しています。詳細やご予約については、各展示場やショールームへお気軽にご連絡ください!

>>宿泊体験展示場はコチラ!

>>各展示場はコチラ!
大きな吹き抜けがあっても寒くない!オシャレで住み心地の好い住まい~お客様事例・S様邸~
ご夫婦+お子さま3人のS様ファミリー。キューブ型を組み合わせたような外観は、縦長やスクエアの小窓の配置、ホワイトとグレーの配色コントラストが都会的な印象です。プランニングでは、S様とインテリアコーディネーターで感性のコラボレーションを♪外観も間取りもデザインも、すべてに満足できるオシャレなお家が完成しました。







******今回は、S様邸営業担当:古杉がお答えしていきます♪******

■インテリアはコーディネーター&S様のコラボで完成!■

Q:家づくりの要望やこだわりを教えてください。

A:担当インテリアコーディーネーターとS様の感性がマッチして、プランニングはスムーズに進んでいきました。
S様が提示される要望や好みをインテリアコーディネーターが深いところまで理解したうえで、さまざまなご提案ができたので、安心感を持ってくださったようです。打ち合わせ中から「想像以上にオシャレな家ができそう!」とワクワクしておられました♪

■ 大胆な吹き抜けで家族の寛ぎ空間を開放的に■

Q:LDKはどのような空間になりましたか?

A:リビング天井から2階ホールまで広がる吹き抜けは、S様邸のシンボルともいえるほど開放的な空間に仕上がっています。縦長の掃き出し窓から陽光が差し込み、明るさもしっかりと確保。スケルトンの階段や手すりで、視覚的な広がりも感じられます。ここまで大胆に吹き抜けをつくると、「冬は寒いのでは?」「夏はエアコンが効かなくなりそう」と心配される方もおられるかもしれませんが、外断熱+エア・コントロールの独自工法により、吹き抜けのデメリットは殆ど感じられません。空調効率が良く、1年中快適に過ごすことができます。実際、S様も家を建てる前に「一戸建ては冬寒いからね…」と周囲の方から言われていたそうですが、「12月に入居して冬がとても暖かくて快適に過ごせました!」と喜んでおられました。







■随所にこだわりが感じられる住まい■

Q:ほか、インテリアや間取りの特長を教えてください。

A:内観は白い壁とダークブラウンの木目、モノトーンの家具が調和したシックで洗練された空間に仕上がっています。ご主人様の仕事部屋は、使いやすさを重視して、オーダーメイドで机と書棚を造作しました。まるでホテルのようにモダンな洗面室は、水栓が2つあるワイドな設計で機能的に。お子さまが成長しても、朝の身支度で混雑しなくてすむようにゆとりある広さを設けています。
 
玄関は、一般的な建具よりも高さがある天井までのハイスタッドの建具を使用し、個性的で洗練された空間を実現しました。玄関の壁には、調湿機能と防臭効果があり、汚れや水分を通さない『エコカラット』を採用。デザイン性だけでなく、機能性も兼ね備えた空間になっています。

こだわりを沢山お持ちのお客様の要望をただ実現するのではなく、営業担当、設計士、インテリアコーディネーターのタッグにより、要望以上の満足できる住まいをつくることが、私たちの使命です。
お客様事例は来週もお届けしますので、ぜひチェックしてください♪