TOHOブログ

東宝ホーム 福岡TOHOブログ
【建築事例】高台立地の眺望を楽しめる2階リビングの家
ご夫婦+お子さん+奥様のお母様で暮らすB様ファミリー。ご夫婦とも福岡都心部にお勤めされており、旧宅と同じ生活圏内での住み替えがご希望でした。会社まで自転車で通勤できる距離であること、お子様の小学校区を考慮し、福岡市内にある東宝ホームの分譲地にご契約。今回は、担当営業の山田がB様邸のこだわりや見どころをご紹介します!

◆2階にリビングがある暮らし


B様邸の宅地は分譲地の中で最も高台にあったため「2階リビングにしませんか」とご提案しました。福岡市内を一望できる高台のロケ―ションを活かし、リビングは大開口サッシに。この窓辺にはカウンターと椅子があり、お子さんが座って遊んだりと、家族がいつでも眺望を愉しめるようになっています。夜は夜景が美しく、大人はお酒を飲みながらゆったりとした時間を過ごされているそうです。





◆自然光を取り入れた、落ち着ける空間


LDKは“見えないこだわり”も盛り込まれています。大開口サッシから光をたっぷりと取り込めることはもちろん、塗り壁調の紙クロスが光を吸収し、柔らかな雰囲気をつくり出しています。床材はハイグレートな無垢材を用い、ナチュラルでありながらも上質な空間に。もちろん、東宝ホームの標準仕様「外断熱+ハイブリッド・エア・コントロール」の高性能で、一年を通じて室内は快適です。




◆セパレートキッチンで空間を有効活用


対面のアイランドキッチンがご希望だったB様。LDKの横幅の関係から、キッチンの横幅を広くとると狭く感じてしまうため、IHコンロとシンクを分けたセパレートキッチンを採用しました。シンク側、IHコンロ側の両方で作業ができるため、お料理の効率もアップしたそうです。



◆奥行のある玄関アプローチ


玄関の横は隣家との間にある外壁が建つため、植栽をあしらい、あえて奥行のあるアプローチをデザインしました。ブラックの外観に無垢材が柔らかな印象をもたらしています。



2階リビングならではの暮らしの楽しみ方、素材感や光の取り入れ方など、随所にこだわりが詰まったB様邸をご紹介しました。B様ファミリーのますますのお幸せを願っています。撮影にも快くご協力いただき、ありがとうございました!
2021.11.16 | 固定リンク