TOHOブログ

東宝ホーム 福岡TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

営業スタッフに聞く!~将来まで見据えた間取りプラン~
家族の暮らし方は、お子さんの年齢によって変化していくからこそ、“今”だけで決められないのが間取りではないでしょうか?今回は、子育て世代の人生プランを見据えたご提案でお客様から好評を得ている、営業スタッフ・津川が“家づくりのコツ”をレクチャーします♪



◆お子さんの幼少期~独立まで対応できる◆



Q:早速ですが、子育て世代におすすめしたい間取りプランを教えてください。

A:私がいつもお話しているのは、「家は3回建ててようやく満足できる間取りになる」ということ。これは、「お子さんが小さいとき」「お子さんが自分の部屋を持つようになったとき」「お子さんが独立して夫婦だけの生活になったとき」というお子さんの成長過程で、最適な間取りが3回に分けられるという意味です。そこで、3つのライフスタイルの変化に、1回の家づくりで対応できる間取りプランをおすすめしています。

Q:具体的にどのような間取りになりますか?

A:1階にLDKと水回り、和室、ファミリークロゼット、主寝室。2階に子ども室が2室の4LDKです。「お子さんが小さいとき」は、和室or主寝室で家族みんなで就寝。ファミリークローゼットも1階にあるので、基本的に1階ですべての生活をまかなうことが前提です。そして、「お子さんが自分の部屋を持つようになったとき」は、2階の子ども室を使用し、夫婦の寝室は2階又は1階の主寝室どちらかに。その後、「お子さんが独立して夫婦だけの生活になったとき」は、生活のすべてを1階で完結し、平屋と同じような暮らしを実現できる間取りをご提案しています。


※奥様といったいちご狩りです!


◆平屋暮らしを実現できる2階建て◆



Q:この間取りをご提案したお客様の反応はいかがですか?

A:「将来にわたっての間取りを考えたことはなかったです!」「平屋暮らしが希望だったので、これなら安心して2階建てを建てられますね!」など、すごく喜んでいただいています。この間取りプランでは、要望に応じて和室はあってもなくても構いません。「LDKを広くしたい!」という方であれば、和室がなくても、“平屋に近い2階建て”を実現できます。1階に生活を集約することで、老後は階段を上り下りすることなく、足腰への負担や転倒の危険を防げることも利点ではないでしょうか。

◆新築時の性能をいかに持続できるか◆

Q:お客様にとって、間取りと同様に気になる“性能・構造”。普段どんなことをお話していますか?

A:構造の強度や耐震強度など、数値で表していることも多いですが、実際は、吹き抜けの有無やサッシの開口部の大きさなど、間取りやデザインに変わってくる部分があります。最もお伝えしたいことは、家の性能は新築で建てたときがもっとも優れているということ。経年するごとに性能が下がることはあっても、上がることはありません。そのため、「いかに新築時の性能を持続できるか」が何より重要なんです。特に九州地方は、高温多湿な気候。どんなに高気密・高断熱な家づくりをしても、壁内に湿気が溜まると、木材が腐ってしまいます。そこに着目しているのが東宝ホームの『ハイブリッド・エア・コントロール』です。家づくりにおいては、外観や内装など“見える部分”と同様に、基礎や構造、性能など“見えない部分”にどれだけ注力しているかをぜひ確認していただきたいですね。

家づくりについて学びはじめたとき。性能や構造について「難しい!」と感じられるかもしれません。そんな方こそ、ぜひ東宝ホームの構造見学会に来ていただきたいです。“百聞は一見にしかず”。実際の構造をご覧になることで、苦手意識が強い方でも、きっと理解が深められるはずです。もちろん、私たち営業スタッフが丁寧にご説明しますので、何でもお気軽にお尋ねください!

<東宝ホームの家づくりについて>
https://tohohome.jp/policy/
2021.02.11 | 固定リンク | 家づくり
ドア・ツー・ドアで都心がグッと近くなる♪糸島暮らしのメリットとは!?
宅地の価格が2000万円を下回る物件がほぼないなど、土地の価格が高騰している福岡市内。
「福岡市内に住みたいけど現実的に厳しい…」そんな方から、注目を集めているのが糸島エリアです。そこで今回は、広報担当が『hitマリナ通り住宅展示場』に常駐する営業スタッフ・日高に糸島暮らしのメリットや魅力を尋ねてきました♪




◆駅から遠い都心よりも、アクセス便利◆



Q:“糸島暮らし”と言うと、スローライフのイメージがありますが、都心への通勤はどうでしょうか?

A:率直に言うと、同じ糸島エリアでも駅チカであれば、都心への通勤に不便さは感じないと思います。例えば、東宝ホームの分譲地「サニーガーデン美咲が丘駅南」は、JR「美咲が丘駅」まで徒歩5分、「サニーガーデン波多江駅北」はJR「波多江駅」まで徒歩12分くらい。それぞれの駅からは、天神・博多まで30分~40分と1時間かからずに都心までアクセスできます。通勤の面を考えると、電車に乗っている時間だけでなく、駅までの距離はかなり重要。糸島エリアでも、駅チカであれば、都心に近くて駅から遠い場所に住むよりも、短い時間で都心までアクセスできますよ!

また、JRはどうしても強風などで運行を見合わせることがありますが、その場合は高速バスで「天神・博多」←→「筑前前原駅」周辺の直行バスを利用すれば大丈夫。JRで通勤する方にとって、ダブルアクセスがあることは大きな利点ではないでしょうか。









◆今後ますます発展していくエリアとして◆



Q:糸島エリアが注目されるようになった理由は?

A:2005年に九州大学の伊都キャンパスが新設されたことで、元々、田んぼだったところに大型商業施設や大型分譲地ができたりと、インフラが急速に発展していきました。今後も人の流れが減っていくというよりも、ますます流入されていくと予想されます。そうなれば、同時に土地の資産価値も上がっていきますので、“今が買い時”といえるのではないでしょうか。また、老後の生活を見据えたとき、これから繁栄していくであろうエリアに住むことは、公共サービスの充実など、安心できる要素が多いと思います。




◆休日の楽しみ方がグッと広がる!◆



Q:日高さんのおすすめスポットを教えてください。

A:冬場はやっぱり牡蠣小屋でしょうか。夏場であれば、白糸の滝で川釣りしたり、海水浴に行ったり。また、一年を通じて「伊都菜彩」といった直売所で新鮮な野菜や特産品を買うことができます。二見ヶ浦や芥屋まで足を延ばせば、オシャレなカフェやレストランが点在しているので、お友達が遊びに来たときに遊びにいける場所もたくさんありますよ。個人的なおすすめは、福岡市内の有名店「なおちゃんラーメン」を暖簾分けした「なおちゃんラーメン」。ぜひ、ラーメン好きの男性におすすめしたい一軒です(笑)。



これからも、目が離せない糸島エリア。東宝ホームでは、新たな分譲地の開発計画もあり、今後も街づくりを進めていきます。ご興味のある方は、ぜひお気軽にお尋ねください!

<サニーガーデン美咲が丘駅南の詳細>
https://fukuoka-toho.com/lot/?dno=16&area=8&detail=on


<サニーガーデン波多江駅北の詳細>
https://fukuoka-toho.com/lot/?dno=19&area=8&detail=on


<ご見学やお問合せはこちらから>
https://fukuoka-toho.com/reserve/


※ご見学は、「hitマリナ通り住宅展示場」(092-883-4838)へお電話でのご予約も可能です。
2021.01.14 | 固定リンク | 家づくり
面積や雰囲気だけでは分からない、土地の良し悪し。
土地探しの激戦区である福岡エリア。家づくりを検討したいけど、「良い土地が見つかるかな?」と不安な方も多いかもしれません。最近は、ネットで土地情報を閲覧できたりと、一般の方でも土地を探すことができます。それでも「その土地が良い土地かどうか?」という判断は、面積や立地など、データだけでは計り知れないのが現実…。
そこで今回は、土地探しを始める前に「これだけは知って欲しいポイント」を紹介します。


◆「土地を探すなら東宝ホーム!」と言われる理由◆



福岡エリアは、「土地が欲しい人は多くて、売り出されている土地は少ない」という状況です。そのため、東宝ホームでは、大型分譲地の開発だけでなく、2~3区画程度の分譲地をスピーディーに造成するなど、多角的な動きで、土地の確保に努めています。時には営業課が、「このエリアの土地開発を検討して欲しい」と不動産課に依頼することも。
お客様に安定して土地をご提案できるよう、社内一丸となり、部署の垣根を越えて、分譲地の開発に取り組んでいます。


◆土地の良し悪しを見極めるチェックポイント◆



ネットの情報などを参考に、お客様ご自身で土地を見に行かれる場合もあると思います。
せっかく土地を見に行かれたのであれば、
◎エリアの雰囲気(周囲の住宅の築年数や住民の年齢層など)
◎街灯の有無など安全面の環境(夜間の雰囲気)
などをチェックしてみてください。


隣家との境界線や土地の歴史、地盤の状況などは、一般の方では簡単に知り得ることができないのが実情です。着工後、トラブルになることがないよう、住宅の営業マンなど、信頼できる専門家に確認してもらい、しっかりと判断することが重要です。



◆デメリットがあれば、正直にお伝えします◆



東宝ホームでは、自社保有地に限らず、お客様が見つけてこられた土地も営業が現地へ出向き、現時点でわかるメリット、デメリットをしっかりとお伝えします。“建てた後のお付き合い”を大切にしている私たちだからこそ、良いことばかりではなく、悪いことがあれば、包み隠さずお話します。その後、デメリットがあれば、「解決できるのか?」を不動産屋に交渉。
また、一般宅地で気になるのがご近所さんの人間関係。私たちは、お客様が土地を契約する前に、営業が近隣のお宅を一件一件訪問し、わかる範囲でのご近所さんの情報をリサーチしています。安心して家を建てていただくためのサポートは惜しみません。




◆資産価値の高い家として、徹底的に調査しているのが東宝ホームの分譲地です◆ 


周辺環境や利便性、地盤状況、ハザードマップなど、全方位を徹底的に調査したうえで、「安心して住める」と判断されたのが東宝ホームの分譲地です。サニーガーデンなど、当社の分譲地であれば、隣家も東宝ホーム住宅なので、視線や窓の配置なども配慮して設計されます。また、同世代の子育てファミリーと共に新しいコミュニティーを育んでいけることも分譲地の大きな魅力です。





東宝ホームは、安定した経営状況と不動産屋との信頼関係から、市場に公開されていない土地情報をスピーディーに入手することもあります。お客様に安心して家づくりをスタートしていただけるよう、間違いのない土地をご紹介いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください!

>>最新の分譲地情報はこちら https://fukuoka-toho.com/lot/ 
2020.10.29 | 固定リンク | 家づくり
多目的にも活用できる!テレワークスペースのススメ
新型コロナウイルスの影響により、テレワークを導入する企業も多く、働き方が大きく変わってきています。これから先、勤務先から突然、テレワークをお願いされる可能性もないとは言い切れません。そこで今回は、テレワークスペースを取り入れるのにおすすめな間取りを実際の事例と共にご紹介します!



◆LDK◆


リビングやダイニングの一部を区切って、カウンターを設置します。パソコンは据え置きにして、ダイニングの椅子を作業の時だけ使う方も多いです。家事をしながらデスクワークできるので、奥様におすすめの仕様になります。もちろん、テレワークスペースとしてだけでなく、お子さんのスタディーコーナーとしても活用可能です。








◆和室◆


和室内にカウンターを設けて、掘りごたつのように足を伸ばせるタイプが人気です。リビングとゆるやかに繋がる和室なら、家族と一体感がありながら、程よい個室感覚で使用することができます。


◆寝室◆


「集中できるスペースで作業をしたい」という方は、寝室の一角にカウンターを設置してはいかがでしょうか。その際は、居室の照明とは別に、作業用の照明を設置することがポイントです。下記の画像のように、寝室につながる吹き抜け部に書斎スペースを設けることもできます。ほか、ご夫婦それぞれの寝室を書斎とウォークインクローゼットでつなげることで、お互いの趣味を共有するスペースにした事例もございます。






◆スキップフロア◆


カウンターを設置し、その下に足を伸ばせるベンチがあると大変便利です。後方の壁を本棚にすれば、ちょっとした書斎スペースにもなります。リビングと一体感があるスキップフロアは、テレワーク、お子さんの宿題、読書、PC作業など、ご家族みんなでフレキシブルに活用できます。







◆2階ホール◆


東宝ホームの住まいは、外断熱+ハイブリッド・エア・コントロールにより、エアコンによる快適な温度が家じゅうに行き渡ります。2階ホールも夏は涼しく、冬は暖かいので、テレワークとしても最適です。




エアコン効率が良く、エアコンを付けている時間、台数が減るので、光熱費もグッとお得になります。「テレワークで光熱費が高くなった!」なんて心配は無用です。

**最適なネット環境でStay Homeを快適に!**
自宅で過ごす時間が多くなったことで、ネットを利用する機会も増えてきています。
「2階に有線LANを引いてネットゲームを楽しみたい!」
「LANやテレビの配線を外に出さずにキレイに収納したい」
といった要望を実現できるのも注文住宅の魅力です。





いかがでしたか?
テレワークとしてだけでなく、多目的に使えるスペースがあることで、
急な生活の変化に対応できたり、暮らしがより豊かになります。
間取りやインテリアに関するご相談は、東宝ホームの設計士とインテリアコーディネーターにおまかせください♪
2020.09.24 | 固定リンク | 家づくり
【家事ラクに注目!】モデルハウスのチェックポイント
共働きや子育てを頑張るファミリーの強い味方になってくれる家事ラク。「家事が大好き!」という方も、より快適にお料理やお掃除ができたら、おうち時間はもっと楽しくなります。そこで今回は、住宅展示場や建売モデルハウス、完成見学会などを訪れた際にチェックしていただきたい“家事ラク”ポイントを集めてみました!

*■水回りの家事動線■*


水回りは直線的な動線にすることで効率良く家事を進められます。展示場に行った際は、実際に動いてシミュレーションしてみるのがオススメ。東宝ホームでは、展示場を見学した後、特徴のあるモデルハウスや、(空いていれば)宿泊体験展示場へそのままご案内することも可能です。ほか、宿泊体験展示場に泊まっていただくことで、洗濯したり、お料理したり、お風呂に入ったりと、より細かいところの使い心地を確かめていただくこともできます。
 

*■ランドリールーム(室内干しスペース)■*


共働きファミリーに人気のランドリールーム。濡れた洗濯物を干す場所なので、日当たりや湿気が気になるところですが、東宝ホームの住まいは、『外断熱+ハイブリッド・エア・コントロール』によって、夏場であっても家じゅうがサラサラ。安心してお好きな配置にランドリールームをつくることができます。ほか、全戸標準仕様で浴室乾燥を搭載しているので、浴室の扉を開けて、脱衣所と浴室に室内干しすることも可能です。脱衣所の広さやランドリールームからの動線など、各展示場や見学会でチェックしてみてください。
 

*■収納のボリューム■*


新築を機会に「収納を充実させたい」と考える方も多いと思います。ですが、必要以上に収納を取り過ぎると、居室が小さく、建物は大きくなってしまうので、お客様にとってメリットがありません。そのため、東宝ホームでは、「収納したい物」「処分する物」の量をヒアリングし「家具リスト」を作成。そのうえで、今後の暮らしを見据え、ご家族に見合ったボリュームの収納をご提案します。



*■玄関収納(シューズクローク)■*


玄関に大容量の収納があると、子育て~老後まで長く活用できます。お子さんが小さいときは、ベビーカーや三輪車、ほかにもアウトドアグッズや部活用品などもラクラク収納。老後に必要となれば、車椅子を置くこともできます。下足と収納それぞれにどれくらいのスペースが必要か、見学会などで確認してみましょう。





いかがでしたか?
展示場や見学会を訪れた際、ご自身の暮らしと照らし合わせながら、
今後の家づくりの参考にしていただけると嬉しいです♪
2020.08.27 | 固定リンク | 家づくり