TOHOブログ

東宝ホーム 福岡TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

多目的にも活用できる!テレワークスペースのススメ
新型コロナウイルスの影響により、テレワークを導入する企業も多く、働き方が大きく変わってきています。これから先、勤務先から突然、テレワークをお願いされる可能性もないとは言い切れません。そこで今回は、テレワークスペースを取り入れるのにおすすめな間取りを実際の事例と共にご紹介します!



◆LDK◆


リビングやダイニングの一部を区切って、カウンターを設置します。パソコンは据え置きにして、ダイニングの椅子を作業の時だけ使う方も多いです。家事をしながらデスクワークできるので、奥様におすすめの仕様になります。もちろん、テレワークスペースとしてだけでなく、お子さんのスタディーコーナーとしても活用可能です。








◆和室◆


和室内にカウンターを設けて、掘りごたつのように足を伸ばせるタイプが人気です。リビングとゆるやかに繋がる和室なら、家族と一体感がありながら、程よい個室感覚で使用することができます。


◆寝室◆


「集中できるスペースで作業をしたい」という方は、寝室の一角にカウンターを設置してはいかがでしょうか。その際は、居室の照明とは別に、作業用の照明を設置することがポイントです。下記の画像のように、寝室につながる吹き抜け部に書斎スペースを設けることもできます。ほか、ご夫婦それぞれの寝室を書斎とウォークインクローゼットでつなげることで、お互いの趣味を共有するスペースにした事例もございます。






◆スキップフロア◆


カウンターを設置し、その下に足を伸ばせるベンチがあると大変便利です。後方の壁を本棚にすれば、ちょっとした書斎スペースにもなります。リビングと一体感があるスキップフロアは、テレワーク、お子さんの宿題、読書、PC作業など、ご家族みんなでフレキシブルに活用できます。







◆2階ホール◆


東宝ホームの住まいは、外断熱+ハイブリッド・エア・コントロールにより、エアコンによる快適な温度が家じゅうに行き渡ります。2階ホールも夏は涼しく、冬は暖かいので、テレワークとしても最適です。




エアコン効率が良く、エアコンを付けている時間、台数が減るので、光熱費もグッとお得になります。「テレワークで光熱費が高くなった!」なんて心配は無用です。

**最適なネット環境でStay Homeを快適に!**
自宅で過ごす時間が多くなったことで、ネットを利用する機会も増えてきています。
「2階に有線LANを引いてネットゲームを楽しみたい!」
「LANやテレビの配線を外に出さずにキレイに収納したい」
といった要望を実現できるのも注文住宅の魅力です。





いかがでしたか?
テレワークとしてだけでなく、多目的に使えるスペースがあることで、
急な生活の変化に対応できたり、暮らしがより豊かになります。
間取りやインテリアに関するご相談は、東宝ホームの設計士とインテリアコーディネーターにおまかせください♪
2020.09.24 | 固定リンク | 家づくり
【家事ラクに注目!】モデルハウスのチェックポイント
共働きや子育てを頑張るファミリーの強い味方になってくれる家事ラク。「家事が大好き!」という方も、より快適にお料理やお掃除ができたら、おうち時間はもっと楽しくなります。そこで今回は、住宅展示場や建売モデルハウス、完成見学会などを訪れた際にチェックしていただきたい“家事ラク”ポイントを集めてみました!

*■水回りの家事動線■*


水回りは直線的な動線にすることで効率良く家事を進められます。展示場に行った際は、実際に動いてシミュレーションしてみるのがオススメ。東宝ホームでは、展示場を見学した後、特徴のあるモデルハウスや、(空いていれば)宿泊体験展示場へそのままご案内することも可能です。ほか、宿泊体験展示場に泊まっていただくことで、洗濯したり、お料理したり、お風呂に入ったりと、より細かいところの使い心地を確かめていただくこともできます。
 

*■ランドリールーム(室内干しスペース)■*


共働きファミリーに人気のランドリールーム。濡れた洗濯物を干す場所なので、日当たりや湿気が気になるところですが、東宝ホームの住まいは、『外断熱+ハイブリッド・エア・コントロール』によって、夏場であっても家じゅうがサラサラ。安心してお好きな配置にランドリールームをつくることができます。ほか、全戸標準仕様で浴室乾燥を搭載しているので、浴室の扉を開けて、脱衣所と浴室に室内干しすることも可能です。脱衣所の広さやランドリールームからの動線など、各展示場や見学会でチェックしてみてください。
 

*■収納のボリューム■*


新築を機会に「収納を充実させたい」と考える方も多いと思います。ですが、必要以上に収納を取り過ぎると、居室が小さく、建物は大きくなってしまうので、お客様にとってメリットがありません。そのため、東宝ホームでは、「収納したい物」「処分する物」の量をヒアリングし「家具リスト」を作成。そのうえで、今後の暮らしを見据え、ご家族に見合ったボリュームの収納をご提案します。



*■玄関収納(シューズクローク)■*


玄関に大容量の収納があると、子育て~老後まで長く活用できます。お子さんが小さいときは、ベビーカーや三輪車、ほかにもアウトドアグッズや部活用品などもラクラク収納。老後に必要となれば、車椅子を置くこともできます。下足と収納それぞれにどれくらいのスペースが必要か、見学会などで確認してみましょう。





いかがでしたか?
展示場や見学会を訪れた際、ご自身の暮らしと照らし合わせながら、
今後の家づくりの参考にしていただけると嬉しいです♪
2020.08.27 | 固定リンク | 家づくり
予算内で実現できる!オーダーメードを取り入れた家づくり『FLEX住宅』

こだわりや好みを最大限に実現できることが注文住宅の魅力。そして、東宝ホームの建売住宅は、設計士とインテリアコーディネーターの技術の集大成であり、一棟一棟にテーマがあることが大きな特徴です。今回のテーマである『FLEX住宅』は、注文住宅と建売住宅の中間ともいえるプラン。そんな『FLEX住宅』の概要をはじめ、メリットやオススメポイントなどをご紹介します。





 

■『FLEX』とは?


ある程度の自由度がありながら、注文住宅に比べて価格をグッと抑えられることがメリットです。通常、注文住宅では【約301900万円~2000万円~】が一般的ですが、『FLEX住宅』なら【約331800万円~1900万円】ほどに抑えることができます(※建物のみの価格)。もちろん、外断熱やハイブリッド・エア・コントロール、構造材LVLなど、東宝ホームのハイスペック仕様は適応されます。

 

■どこまで選べるの?


1階の間取りを約20パターンから選べ、2階は居室を区切る間仕切りの配置のみ変更できます。建築地に応じて方角は自由に選ぶことができるので、立地や周辺環境への対応も可能。壁紙や建具といった内装・インテリアも決められた範囲から好きなものを選べるので、注文住宅のようなこだわりの雰囲気を演出できることも大きな魅力です。

 

■どんな人に向いてる?


「予算は抑えたいけれど、ある程度広い家にしたい」

「間取りはシンプルがいいけど、壁紙や建具は選びたい」

など、予算を抑えつつ、オーダーメードを取り入れて、オリジナリティーを出したい方は、ご検討していただくだけの価値はあると思います。

 

■まとめ


基本的に建物のみのプラン・価格になりますので、解体や外構などは別途料金が発生します。そのぶん、外構は自由にプランニングすることが可能です。これまで注文住宅をメインに数多くの家づくりを手掛けてきた設計やコーディネートの技術やノウハウが詰まった

FLEX住宅』に関する詳しい内容は、カタログでもご紹介しています。各展示場へお電話やメールでのお問い合わせも随時受付中です。ぜひ、お気軽にご連絡ください!

 

◎各展示場の一覧はこちら>>https://fukuoka-toho.com/exhibition/

◎資料請求>>https://fukuoka-toho.com/contact/


2020.06.09 | 固定リンク | 家づくり
豊富な自社保有地は東宝ホームの強み!~スタッフ回顧録—Part⑪~

毎月連載でお届けしている、営業スタッフが語るお客様ストーリー・スタッフ回顧録。今回は、hitマリナ通り住宅展示場に常駐する櫻井にインタビューしてきました。なんでも相談しやすい、柔らかな雰囲気がある櫻井ですが、今では入社7年目。営業の中堅メンバーとして、沢山のお客様を担当しています。そんな櫻井も、約6年半前に経験した初契約はやはりドキドキの連続だったそう。そこで今回は、新人ならではのフットワークと行動力で土地を探し、ご依頼いただいたK様邸についてお届けします。






◆転勤族のK様が選んだ定住地◆


 

QK様との最初の出会いを教えてください。

 

A:ご家族で総合住宅展示場をまわっておられた際に、東宝ホームの展示場にいらっしゃいました。ふらっと見学にこられた雰囲気でしたので、滞在時間は10分くらいでしょうか。総合展示場は沢山のメーカーが集まっているため、お客様にとっても、全てのメーカーで家づくりの計画や希望のエリアなどについてお話することは難しいものです。その日は、お名前と住所をお聞きしたくらいで、そんなに深いお話ができなかったことを覚えています。

 

Q:その後、2回目にお会いすることになった経緯は?

 

AK様のお住まいの近くにモデルハウスがあったため、お電話で「見に行きませんか?」とご提案し、来場していただけることになったんです。その際は、自分もまだ新人だったので、先輩に同行してもらって。家づくりの計画や希望のエリア、予算などをお聞きすることができました。元々、転勤族だったK様ファミリーですが、「福岡は住みやすいし、長くいることになりそうだから」と家づくりをスタートすることに。せっかくお客様の家づくりについてヒアリングできたので、「ご希望に添える土地を探します!!」と張り切ってお応えしました。

 

 

◆土間続きの玄関で自転車ライフを楽しむ◆


 

Q:土地探しからプランニングはスムーズでしたか?

 

A:それからは23日に1回位のペースで土地をご紹介しました。その中から、利便性、自然環境としても抜群な糸島エリアの分譲地をご契約していただきました。お子さんは、小学校の高学年と高校生で、子育てが落ち着く頃だったため、ご夫婦の趣味である“自転車とお料理を楽しめる住まい”をテーマに家づくりがスタート。土間続きの玄関は6帖半とゆとりあるスペースを確保し、自転車を飾ったり、お手入れができるような設計にしたり、造作家具をふんだんに取り入れて使いやすいキッチンにしたりと、ご夫婦の理想を実現していきました。

 

Q:ほか、想い出のエピソードを教えてください。

 

A:東宝ホームは豊富な自社保有地があるため、お客様の要望に応じた分譲地や宅地をご紹介できることが大きな強みです。当時はまだ新人だったので、契約からプランニング、お引渡しまで全てが勉強になることばかりでした。K様にも1年目ということで、温かな目で見守ってくださったことに感謝しています。K様のお子様も今では高校生と大学生。これからも住み心地の良い住まいで、家族の幸せな時間を満喫していただきたいです!

2020.05.12 | 固定リンク | 家づくり
非公開土地で出会えた理想の宅地。自然豊かなエリアで平屋暮らし~スタッフ回顧録—Part⑩

市街地から少し離れるだけで豊かな自然に出会える久留米エリア。福岡市内など都心に比べると、土地価格を抑えられるため、大きな家を建てやすいことも特徴です。

今回は「100坪くらいの広さで平屋暮らしをしたい!」と家づくりをスタートさせたK様邸のストーリーを担当営業・井澤がご紹介していきます♪





◆立地・予算・広さを満たす土地に出会うまで◆


 

QK様邸の家づくりのキッカケは?




A:もともと、他県にお住まいだったK様は転勤で久留米に越してこられました。他県に住んでいた頃からマイホーム計画を進めていたそうですが、ご両親が大分県在住とのことで、同じ九州内でアクセスも良い久留米で家を建てることに。最初の出会いは、総合展示場への来場でした。既に、有名な大手ハウスメーカーは56社ほど訪れていたそうで、「九州で地場企業のハウスメーカーをチェックしてみよう!」と東宝ホームにお越しくださいました。

 

Q:東宝ホームにご依頼くださった決め手は?




A:転勤で引っ越してこられたので、土地勘がなかったK様。ご夫婦共にご実家が大きな住まいでお庭も広かったこともあり、土地探しについては、『市街地から離れすぎない』『職場の近く』『100坪程度の広さ』という条件でした。しかしながら、この条件で予算をクリアする土地がなかなか見つからず…。それは、比較検討されていた他社メーカーさんも同じだったようです。条件に見合う土地が出るたびにご紹介を続けながら34ヵ月が経過。K様が「もうちょっとエリアを広げてみようかな?」と再検討されていた折に、『子育て環境としても最適な分譲地』or『郊外にある広めの宅地』という2つの物件が出たため、さっそくK様にご紹介。当初は、分譲地の方で勧めていましたが、予算の都合上、後者の宅地をご契約いただくことになりました。





◆独自のネット―ワークで理想の土地探しをサポート◆


 

Q:理想の土地に出会えてよかったです。




A:はい!今回、最終的にご紹介した2つの物件は、東宝ホームのオーナー様の土地を自社管理していたものなど、いわゆる非公開の土地になります。K様ご自身もネットなどで土地情報をチェックしたり、実際に売地がないかエリアをまわったりされていたそうですが、非公開の土地は看板が出ていないことも多いため、一般の方は知り得ることができません。K様からも「ここまで土地を探し続けてくれてありがとう!」とのお言葉と笑顔をいただくことができました!

 

Q:いよいよプランニングのスタートですね!




A1歳のお子さんがいらっしゃるK様夫妻。将来、奥様が就業復帰することを見据え、室内干しができるランドリールームを取り入れたいとのことでした。通常、ランドリールームの場所は配置に悩むことが多いです。日当たりの良い南側に配置すると、北側の水回り(洗面室・脱衣室)と離れてしまうため、動線は不便になってしまいます。しかしながら、東宝ホームの独自工法『ハイブリッド・エア・コントロール』は、室内と壁内の湿気まで排出するため、梅雨時期でも家の中はサラサラです。

この『ハイブリッド・エア・コントロール』により、間取りの方位を気にせずにランドリールームの配置を決めることができます。K様邸は、最終的には脱衣所を広めにし、ランドリールーム兼用の間取りに決定。キッチン~パントリー~脱衣所が一直線の動線で家事ラクを実現しました。

 

 

いかがでしたか?

今回ご紹介した営業スタッフ・井澤は【KBCマイホーム展久留米会場(094245-1112

HP>>https://chikugo-toho.com/exhibition/kbc_kurume/に常駐しております。ぜひ、お気軽にお問合せ・ご来場ください♪

2020.04.28 | 固定リンク | 家づくり