TOHOブログ

東宝ホーム 福岡TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

【スタッフ紹介】~社歴20余年~hitマリナ通り住宅展示場・営業の古杉です!
今回は、社歴20年以上の大ベテラン!気さくで柔らかい人柄で若手メンバーから親しまれている営業の古杉を紹介します。3人の娘さんを持つパパでもある古杉は、休日は家事や子育てに積極的に参加!休日は夕飯づくりを担当し、魚を捌いてお造りを作ったり、冬は鍋料理を作ったり。奥様とお子さまたちのために腕をふるっているそうです。






そして、驚くべきはピアノの腕前です。娘さんたちがピアノを習っていることをキッカケに自身も演奏してみるようになり、レッスンに付き添った際にちょっとアドバイスをもらっただけで、メキメキと上達!今ではフランスのピアニスト「リチャード・クレイダーマン」の楽曲や、映画タイタニックの主題歌「My Heart Will Go On」などもマスターしているそうです。

***そんな古杉が入社当時のことを振り返ります。東宝ホームに入社したキッカケや会社に対する想いなどをインタビューしてきました***




■建ててからスタートする、本当のお付き合い



Q:東宝ホームに入社したキッカケは、子ども時代の想い出が関係しているそうですね。

A:今から20数年前、社会人になるときに「住宅関係の仕事がしたい」と思いました。そこには、こんな理由があります。私が小学6年生のときに両親が家を新築したんですが、「いよいよ棟上げ」という大切な日に担当者が来ていなくて。替わりに来ていた人から、その担当者が会社を辞めたことを聞いて、父親がものすごく落胆していたんです。そのシーンがずっと印象に残っていて…。社会人になるとき「自分は絶対にお客様を裏切らない仕事をしよう」と心に決めていました。

Q:今でもその当時の気持ちは変わっていませんか?

A:もちろんです。実際、入社して初めてのお客様に「僕は絶対に辞めませんから!」と宣言してしまいました(笑)。住宅は一生に一度の大きな買い物ですし、住み始めてから本当のお付き合いがはじまります。「担当したお客様をずっとサポートしていこう」という気持ちでいたら、20年間はあっという間でした。これまで担当した家づくりの1つひとつに忘れられない想い出があります。



■自分にもお客様にも正直でいられる



Q:長年働き続けられる理由はどこにあるのでしょう。

A:私自身が渡部社長のことを尊敬していることが大きいかもしれません。渡部社長の「家をつくるならこうでなければいけない!」という真っすぐな気持ちを持っているところが好きなんです。手前みそにはなりますが、お客様に対して、本当に裏表がない会社だなと思います。九州の高温多湿な気候に合った家づくり、理にかなった構造は、どのメーカーにも負けていません。こんなこと言って良いのかわかりませんが、福岡で東宝ホームを知らずに家を建てるのは勿体ないとさえ思ってしまいますね。



■構造、性能は体感から!



Q:構造材、性能についてはいかがですか。

A:東宝ホームは、「構造材の20年保証」という業界でもトップクラスの初期保証を提供しています。今から3年前、構造材の保証を「20年」に設定した理由は、構造材「J-WOOD」を使って「20年」が経過し、その耐久性が保証できたという根拠に基づいているんです。その間に九州地方では大きな地震が2回発生しましたが、東宝ホームの住宅は大事に至ることはありませんでした。当時の住まいの状況は、画像として残っているので、お客様にお見せすることもあります。また、「冬は暖かい、夏は涼しい」という性能については、やはり宿泊展示場に泊まって体感していただくのが一番です。

いかがでしたか?
営業の古杉は、hitマリナ通り住宅展示場に常駐しています。近くにお立ち寄りの際はぜひお越しください。よろしくお願いします!
【新卒インタビュー】hit香椎浜住宅展示場の東田です!
先月に引き続き、福岡支店の新入社員をご紹介します。
出身は、美味しい「南関揚げ」でも有名な熊本県南関市!
最近は、筋トレにも挑戦中♪
自他ともに認める真面目な性格で、周囲からの期待も高い営業の東田です。


  

◆お客様と長く付き合える仕事に就きたい◆


Q:入社のキッカケを教えてください。

A:学生時代はホテルでアルバイトをしていました。結婚式で接客を担当することもあり、たくさんの「幸せな笑顔」を拝見する機会に恵まれました。その経験から、自然と「人を喜ばせたい」「お客様へ誠意を持って長くお付き合いしたい」と考えるようになったことがキッカケです。一生に一度のビックイベントである、家づくりをご提案することは、まさしくお客様の笑顔や幸せに通じると日々実感しています。「壇蜜さんに会えるかも?」という期待があったことは、ココだけの秘密です(笑)!



◆笑い声が絶えない明るい職場◆


Q:hit香椎浜展示場の雰囲気はどうですか?

A:率直に言ってすごく良いです♪どこの支店でも同じだと思いますが、事務所にいても、展示場にいても、いつも笑い声のある風通しの良い社風だと思います。それだけでなく、尊敬できる先輩や上司がたくさんいるので、新社会人として得るものが多く、この環境に日々感謝しています。


Q:実際に働いてみての感想は?

A:現在は、性能や資金のことなど、住宅について目下勉強中です。先輩の接客に同席もさせていただいています。東宝ホームは、自社で豊富に土地を保有していることから、お客様の家づくりをトータルでサポートできることも強みです。私も早く一人前になって、お客様に喜んでいただけるようなご提案をしていきたいです。



◆先輩の全てを真似したい◆


Q:直属の先輩は児嶋さんですよね?

A:はい!児嶋さんからは、毎日いろいろなことを教えてもらっていて、最近ではプライべートの相談にまでのっていただいています。児嶋さん自身、東区出身ではないのですが、エリアの深い情報をしっかりとインプットされていて。新しい土地が出ると、実際に足を運んで、写真を撮影したり、駅まで歩いてみたりしているそうです。そうやって、間違いのない情報を持って、お客様に提案している児嶋さんの姿勢を尊敬しています!


(左:児島 右:東田)

いかがでしたか?
教育担当の児嶋に尋ねたところ、「東田くんの長所は、全てに真っすぐな姿勢で取り組む誠実さ。自分が新人だったころとはまた違った個性や強みを持っていているので、先輩たちから沢山のことを吸収し、持ち味を生かしていって欲しいですね!」とのこと。
今後、東田がお客様を担当し、【スタッフ回顧録】に登場する日を乞うご期待ください♪
KBCマイホーム展示場久留米会場の新メンバーを紹介します♪

2020年度も東宝ホームに新卒社員が入社してくれました!今回は、ベテラン社員からも期待を寄せられている新人営業スタッフ・伊藤を紹介します。普段、展示場に常駐している営業スタッフですが、より身近な存在に感じていただけると嬉しいです。

  




Q:志望動機を教えてください。

 

A:大学時代に尊敬していた先輩が「住宅の営業は楽しいよ!やりがいがあるよ!」とイキイキと語っている姿が印象的で、住宅業界に興味を持つようになりました。その先輩は、就職した会社で持ち前のコミュニケーション能力を生かし、すごく活躍されていたので、自然と「自分もあんな風になりたい」と思ったことが最初のキッカケです。

 

Q:現在は、どんな仕事をされていますか?

 

A:上司が担当するプランニングに同行させていただいています。入社後研修で、接客やロープレなど学んできましたが、やはり実際の現場は、学んだこと以上の知識や経験が必要であると感じ日々勉強しています。 現在は同行という形ですが、今後は率先してお客様の質問やご要望に応えていけるように、知識と経験を積み上げていきたいです。

 

Q:入社前後で家づくりに対するイメージは変わりましたか?

 

A:かなり変わりました!「家を建てる」ということが、ご家族にとってどれほど大きなことであるかをより深く理解するようになりました。現場に出て接客したり、契約書を拝見したりする機会を通じて、「家づくりは、一生に関わる」という重みをこの数ヶ月間で強く実感しています。

 

Q:直属の先輩は久留米店の井澤さんとお聞きしました。

 

A:はい!すごく尊敬できる先輩で「こうなりたい」という理想像です!持ち前の明るさは真似できないかもしれませんが、できることなら近づきたいです。お客様への気配りやフットワークの軽さ、瞬発力にも長けていて。これからも井澤さんから沢山のことを吸収していくつもりです!

 

Q:社会人になって数ヶ月。休日はどう過ごしていますか?

 

A:今は気軽に外食することが難しいので、もっぱら“家飲み”を満喫しています。元々の趣味は、ゴルフと釣りです。ゴルフは父親の影響ではじめた趣味なのですが、先輩社員にもゴルフ愛好者がおられるので、いつか一緒にコースを周れたら…と楽しみにしています。ほかにも、昆虫や動物、魚など生き物全般に興味があり詳しいです。今後、接客に自信がついてきたら、もっと自分の持ち味を発揮していきたいです。

  



いかがでしたか?
久留米展示場のメンバーにこっそり尋ねたところ、「伊藤君はやる気と行動力があるので、こちらから率先して色々教えたくなる“期待の星”です! そのやる気と行動力に知識が加わればすぐに活躍できるハズ!とみんなで素質を高く評価しています。これからも久留米店みんなで、しっかり育てていきたいです」とのこと。そんな営業スタッフ・伊藤は、【KBCマイホーム展示場久留米会場】に常駐しています。ぜひ、お気軽にお声掛けください♪

設計士が語る!東宝ホームの家づくりとは?
各展示場に常駐する営業スタッフと触れ合う機会は多いものの、実際に住まいのプランを描く「設計士ってどんな人だろう?」と気になる方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、建築申請に携わる企業で経験を積んだのち、昨年東宝ホームに入社したばかりの高松設計士に職場の雰囲気や会社の魅力をインタビューしてきました。




Q:入社のキッカケを教えてください。




A:建築士の資格を取得後、新卒で建築の申請関係の会社に入社しました。幼い頃から、家づくりの設計士になりたい夢があって。お客様の要望に、より専門的な視点でお応えできるように、先に法律関係から学んでいこうと思ったのが、最初の会社に就職した理由です。建築基準法をメインに携わり、幅広い知識と経験を積むことができたので、いよいよお客様の家づくりに携わるべく、東宝ホームへ入社しました。

Q:設計部の雰囲気はどうですか?

A:設計部は中途入社のメンバーが多く、他社でさまざまな経験を積んできたメンバーばかりなので、それぞれ個性や得意分野を持っていることが強みではないでしょうか。設計士同士のコミュニケーションも活発で、プランを見せ合ったりと、常に意見交換やノウハウ共有を行っています。間取りをキレイにはめ込むのが得意な人、スムーズな動線設計に長けている人、狭い空間の有効活用が上手な人など、それぞれに得意分野があるので、求められている課題や要望に応じて、意見を交換しながら、プランニングをつくりあげています。



Q:設計士として、東宝ホームの家づくりにどんな印象を持ちましたか?

A:間もなく入社1年。前職でさまざまなメーカーの仕様書などを見てきましたが、まず確信したのが、木造住宅を建てるなら東宝ホームが最も優れているということです。最強の高耐久構造を保証する構造材LVLをはじめ、外断熱、ハイブリッド・エア・コントロールなど性能面もハイスペックで、安心・長持ち・頑丈な家づくりが可能でありながら、設計の自由度が高いことが大きな魅力です。開放的な空間や吹き抜けなども安心して取り入れることができます。設計士として、自由度の高い設計ができることは、やはり大きなやりがいに繋がりますし、お客様の要望を叶えられるという喜びも実感できます。そんな環境があるからこそ、中途入社した設計士の多くがこの会社に定着しているのだと思います。

Q:先日、上棟式を終えたK様邸について教えてください。

A:K様邸は、ご家族3人で暮らす平屋建ての住まいです。2階がないことから、通路をなくして、居室スペースを有効に確保できるように設計。また、ランドリールームが欲しいというご要望でしたので、キッチンと一直線の場所に脱衣所兼ランドリールームをつくりました。当初は、脱衣所とランドリールームを分けたプランもあったのですが、家事の動線や効率を考えたときに、一体型の方が最適であると考えました。
また、「壁掛けテレビを設置したいので、壁に点検口をつくりたい」というご希望から、テレビ裏の壁の中に点検口やDVDデッキを収納できるスペースを造作。家電やコンセントの配置も考慮し、スッキリと開放的に暮らせる住まいのプランニングが完成しました。





いかがでしたか?
高松設計士と共にK様邸を担当した営業・井澤によると、「高松さんは、外に置く室外機やエコキュートの配置なども最初から考えてプランをつくってくれました。気が付きにくいところまで、先回りしてプランニングしてくれる、大変頼りになる設計士です!」とのこと。東宝ホームの設計士は、温和で話しやすいメンバーばかりなので、安心してご要望を託してくださいね!
営業スタッフの自邸紹介 ~KBC久留米展示場・原田店長編~
毎月連載でお届けしている営業スタッフが語るお客様の家づくりストーリー。今回は、番外編として営業スタッフの自邸をご紹介します。分譲マンションを売却し、3ヵ月前にマイホームを建てたばかり!KBC久留米展示場の原田店長にインタビューしました。





◆分譲マンションから戸建てへ◆

Q:家づくりのキッカケは?

A:東宝ホームに中途入社する以前のことです。結婚した当時、子どもが産まれる前に購入した分譲マンションに住んでいました。そのマンションは、交通量が多く、トラックが24時間走行しているような国道沿いだったため、とにかく騒音が凄くて。11階に住んでいたのですが、窓を開けるとテレビの音が聞こえないほどでした。また、車を2台所有していたのですが、マンション内の駐車場は1台分しか借りることができなかったため、1台は近隣のパーキングを賃貸契約して、出勤や出掛ける度に賃貸駐車場まで歩かなければいけなかった点にも不便さを感じていました。

その後子どもが産まれ、第一子は喘息持ちでした。マンションの11階に住んでから知ったことですが、空気の環境は上の階の方が影響するんです。そのうちにマンションの住民の方で呼吸器系の疾患を患う方も出てきて、「大切なわが子の住環境としては適していない・・・」とすごく不安になってきたのです。

折しも、同時期に東宝ホームに入社したこともあって、住宅の性能や土地の環境の重要性について深く知ることになり・・・。先輩や同僚に相談し、「価値が下がる前にマンションを売って戸建てを建てよう」と決意。人気のエリアだったので、残債もなくすぐに売却でき、家づくりをスタートするため、一旦賃貸アパートへ引っ越しました。

◆希望のエリアで出会った狭小地◆

Q:土地探しはスムーズにいきましたか?

A:マンション住まいの頃と同じく、筑紫野のとあるエリアで土地探しをスタートしましたが、人気のエリアだったのでなかなか土地が見つかりませんでした。そんなとき、最寄りの小・中学校からほど近い立地に、37坪の狭小地が見つかりました。壁面後退1.5mと条件付きではありましたが、立地的には申し分なかったので、すぐに設計士に相談。狭小地ではありましたが、「東宝ホームの匠の技を持つ設計士なら、きっとこの土地に合った素敵な家が建てられるだろう!」と不安な気持ちはなかったです。





◆狭小地ならではの知恵と工夫◆

Q:間取りやデザインの要望は実現できましたか?

A:私からは、駐車場2台分、3LDK、和室なしという要望を提示して、あとは設計士のプランニングにおまかせしました。和室に関しては人それぞれの好みだと思うのですが、マンションに住んでいた頃、和室はリビングの延長のようなスペースとして使用していて。子どもが乳幼児の頃は寝室として重宝していましたが、ある程度成長して寝室で寝られるようになれば、和室は要らないかな?という考えがあったのです。そのぶん、LDKを広くしたかったこともあります。その後、設計士から提案されたのは、LDKと水回りが2階、主寝室と子ども部屋が1階というプラニングでした。

◆意外と多い!2階LDKのメリット◆

Q:2階にLDKとは珍しい間取りですね!住み心地はいかがですか?

A:正直、2階にLDKがあることのメリットの多さに驚いています。高い位置にリビングがあることで空間として落ち着きますし、階上の間取りに影響せずリビングに勾配天井を付けることもできました。帰宅して、2階にあがれば、寝るまで1階に降りることはありませんし、普通の家と動線的にも変わりがないくらいです。

そして、なにより一番驚いたことは、外断熱+ハイブリッド・エアコントロールの性能です!今年の夏、2階リビングのエアコン一台だけで、ドアを開ければ、1階の主寝室まで充分に涼しかったことにびっくりしました!!今後もエアコンを追加購入することはないと思います。1階と2階の温度差がないことも快適な暮らしを実現できている理由です。

高性能住宅が標準だからこそできる狭小地・2階LDKの暮らしを満喫する原田店長の自邸をご紹介しました。原田店長は、KBC久留米展示場に常駐しておりますので、ぜひお気軽にお声かけください!