TOHOブログ

東宝ホーム 福岡TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

*人気の間取り事例まとめ!それぞれのメリットやポイントをまとめてみました*
今回はまとめ記事として、家づくりのなかでも人気の間取り事例
【吹き抜け】
【勾配天井】
【スキップフロア】
について、その「メリット」や「こんな方にオススメ!」「注意点」といったポイントをお届けします。家づくりを検討中の方にとって参考になれば幸いです!







■LDKの吹き抜け■

≪メリット≫
賃貸アパートやマンションなどでは得られない開放感が手に入ります。2階ホールや子ども部屋の小窓と繋がりをもたせれば、家族間のコミュニケーションが円滑になることもポイントです。

≪こんな方にオススメ!≫
「開放感だけ」を求める方と、「開放感&繋がり感」を求める方に別れる吹き抜けですが、後者が要望であれば吹き抜けが最善といえます。開放感だけ求める方であれば、【勾配天井】も選択肢に挙げられますね。

≪注意点≫
一般的な住宅の場合、やはりエアコン効率は吹き抜けがない場合と比べて下がります。
東宝ホームでは、【外断熱+ハイブリッド・エア・コントロール】により部屋の上下や部屋間の温度差が少ないことが強みです。その高性能から暑さ・寒さの影響を受けにくく、実際に家を建てられた方からも「吹き抜けがあってもエアコン一台で夏も冬も快適に過ごせる」との感想をいただいております!

■勾配天井■

≪メリット≫
拭き抜けと同じような開放感が得られます。平屋建てでも開放的な天井をつくれる点や、LDKに開放感をもたらしてくれる点もメリットです。

≪こんな方にオススメ!≫
「吹き抜けまではいらないけれど開放感は欲しい!」という方や、「吹き抜けによって影響する空気の温度差やエアコン効率がやはり気になる」という方にオススメです。また、勾配部分に木目のクロスやフローリングなどを用いることでナチュラルな空間を演出できるので、デザインにアクセントをつけたいときにも有効になります。

≪注意点≫
やはり吹き抜けほどの開放感は得られないので、ダイナミックな開放感を求める方には不向きといえます。自分自身がどの程度の開放感を望んでいるのかを各展示場やモデルハウスでチェックすることが大切です。

>>勾配天井をご覧いただける宿泊展示場は【hitマリナ通り住宅展示場】よりチェックできます!

■スキップフロア■



≪メリット≫
空間を立体的に活用することで、個性的な空間になります。お子さんが宿題をするスタディールームやご主人の書斎として使用するなど、“籠る”までいかなくとも、家族と繋がれる“個のスペース”が得られることも魅力です。また、スキップフロアの床下を収納として活用することも可能。収納は玄関と繋げて土間収納にしたり、お子さんの想い出の品々や三輪車を収納したりと、大容量を確保できます。

≪こんな方にオススメ≫
ただ広いだけのLDKではデザイン的に物足りない方、家族と一体感がありながら、集中できるスペースが欲しい方にオススメです。

≪注意点≫
スキップフロアという+αの空間を設けるにはある程度の広さが必要です。また、カウンターや腰掛け、収納を付けたりすることで、予算が上がります。大切なことは、将来に渡って活用するプランがあるかということ。お子さんが独立した後など、使用されないスペースになってしまわないように、長い目で見て必要であるかをご家族で話し合うことをオススメします。

>>スキップフロアをご覧いただける宿泊展示場は【サニーガーデン前原西 宿泊展示場】よりチェックできます!
2019.12.24 | 固定リンク | 家づくり