TOHOブログ

東宝ホーム 福岡TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

外断熱だけで湿気対策は大丈夫?|hitマリナ通り住宅展示場のご紹介
ロフトやサニタリールーム(洗面脱衣所)など、湿気を感じやすい場所ってありますよね?



湿気は住む人に不快なだけでなく、構造材の腐れや割れなどを引き起こすので、見過ごすことはできません。
柱を覆うように断熱材を施工する『外断熱』は、暑さや寒さといった外気をシャットアウトしてくれますが、それだけでは壁内に湿気が溜まったままになってしまいます。東宝ホーム住宅は、外断熱+ハイブリッド・エア・コントロールの最強タッグで、『気密を保ちながら(=外断熱)通気もできる(エアコントロール)家づくりを実現しています!

◆東宝ホーム独自の工法で家を外気から守り、湿気を逃がします!



外断熱工法では、確かに気密性の高い家を造ることができます。高気密とは、快適になった室温を逃がさないこと。しかしこれは同時に『湿気も逃がさない家』を造ってしまっているといえます…。そこで東宝ホームが考えたのが、スイッチ1つで空気を強制的に動かすハイブリッド・エア・コントロール・システムです。風が少しでも吹けば汗が乾くように、少しでも空気が動けば湿気が溜まることはありません!
外断熱+ハイブリッド・エア・コントロールシステムがセットだからこそ、①快適②丈夫③長持ちで、家にも住む人にも最適な状態を保つことができます。

◆ハイブリッド・エア・コントロール・システムと24時間換気は別物です!
窓を閉めていても室内の空気をキレイにしてくれる24時間換気システム(国から設置を義務付けられているものです)。混同される方も多いのですが、ハイブリッド・エア・コントロール・システムは、床下・壁内・小屋裏の通気を確保するものなので、24時間換気システムとは全く異なる、東宝ホームの独自工法になります!

湿気は家にとって大敵です。東宝ホームの独自工法『外断熱+ハイブリッド・エア・コントロール』について、詳しくお知りになりたい方は、展示場へ気軽に足を運んでくださいね♪

>>hitマリナ展示場はこちら

住所:福岡市西区愛宕4-21サウスエリア
アクセス:福岡市都市高速「愛宕ランプ」より約3分
福岡市営地下鉄「室見駅」より徒歩15分
西鉄バス「豊浜団地」より徒歩1分
勾配天井で開放感を叶えるリビングの間取り事例|hitマリナ通り住宅展示場のご紹介
「リビングに開放感は欲しいけど、吹き抜けは考えていない…」という方にご紹介したいのが勾配天井です。「広く感じる」「オシャレ」「吹き抜けより冷暖房費が気にならない」などの理由から、人気の勾配天井についてお届けしていきます!

◆そもそも勾配天井とは?
勾配天井とはその名の通り、傾斜をつけた天井のこと。hitマリナ通り住宅展示場では、屋根の形状を活かして勾配天井を設計しています。傾斜のぶん、空間の体積が大きくなるので、吹き抜けほどではありませんが、開放感を保つことができます!「吹き抜けだと冷暖房費が気になる…」という方にも、オススメしている工法です。
※ちなみに、東宝ホーム住宅の独自工法なら吹き抜けでもエアコンの効きに大きく影響しません♪



◆素材や照明使いでオシャレ度UP!
勾配天井に無垢材など木目を使えば、その傾斜から視界に入りやすくなるため、より木の温もりを感じやすいという効果もあります。さらに、間接照明を上手に活用すれば、リビングの印象をよりオシャレに演出できます。







いかがでしたか?今回のように、「吹き抜け以外で開放的にしたい」といった要望もプロに相談すれば、解決できる工法や間取りがあるかもしれません。ぜひ、気軽にご相談にお越しください!

>>hitマリナ展示場はこちら

住所:福岡市西区愛宕4-21サウスエリア
アクセス:福岡市都市高速「愛宕ランプ」より約3分
福岡市営地下鉄「室見駅」より徒歩15分
西鉄バス「豊浜団地」より徒歩1分
和室に繋がった土間のある玄関ホール|hitマリナ通り住宅展示場のご紹介
その家の第一印象を決めるといっても過言ではない玄関で、インパクトを強めたい方は要チェック!今回は、玄関ホール、土間、和室が一つながりの間取り事例をご紹介します。訪れる人とのコミュニケーションまで豊かになる、玄関の魅力をピックアップしました!

◆玄関ホールに2つの動線あり!
目を奪われるほど広々とした玄関ホール。履き物を脱ぐと奥にはリビングが見えます。そして、玄関入ってもう1つの動線は、縦長に広がる土間です。この土間スペースは、壁に大きくガラス窓を用いており、視界の抜けも良く、何より玄関の奥まで明るさをもたらしてくれます。



◆土間の腰掛けと和室で井戸端会議♪
土間には和室と向き合う形で腰掛けがあるので、ご近所さんと気軽にコミュニケーションを図ることができます。この和室は、リビングを通らなくても、玄関ホールの土間から直接上がれるのがポイントです!リビングやキッチンなど、生活スペースを見せることなく、お客様を和室へお通しできます。







hitマリナ通り住宅展示場の玄関ホールは、土間から和室への繋がりを参考にしたいときのイメージに最適です。実際に採用する際は、設計士がその土地に合ったサイジングで造ってくれます。理想の玄関の1つとして、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>hitマリナ展示場はこちら

住所:福岡市西区愛宕4-21サウスエリア
アクセス:福岡市都市高速「愛宕ランプ」より約3分
福岡市営地下鉄「室見駅」より徒歩15分
西鉄バス「豊浜団地」より徒歩1分
東宝ホーム標準仕様・無垢床の経年変化をチェックできるモデルハウス|hitマリナ通り住宅展示場のご紹介
東宝ホーム住宅は標準仕様で無垢床を採用しています。「なんとなく良さそう」と認知されている無垢床の特長とは?そして、建築後10年が経過しているhitマリナ通り住宅展示場では、新築から10年で無垢床がどのように変化したかの実例をご覧いただけます。
ぜひ、家づくりの参考ポイントとして抑えておきましょう!

◆新築から10年で無垢床はどう変わる?
建築後10年が経過しているhitマリナ通り住宅展示場。傷の目立ち具合など、気になる点は遠慮なく確認してみてください。無垢床は日に焼けるとその風合いが変化していきます。同展示場が新築時からリビングルームに敷かれているラグを捲っていただけば、10年前の無垢床の色合いを見ることができます。木材メーカーなどの経年見本よりもかなり広い面で確かめられるため、ぜひチェックしていただきたいポイントです!



◆無垢材独特の柔らかさ『浮造り』の魅力
hitマリナ通り住宅展示場の無垢床には、敢えて床面に凹凸がある“浮造り”を採用しています。ほんの微量にボコボコとした触り心地で足の接地面が通常のフローリングに比べて少ないので、底冷えを感じにくいのが特長です。無垢材独特の柔らかさは合板では表現できません。また、「ワックスがけをしているんですか?」と尋ねられることも多いのですが、その必要はなし。そのままでツヤのある質感が表れるのも無垢床の魅力です。



東宝ホームのモデルハウスの中でも標準仕様の無垢床を採用しているのは、hitマリナ通り住宅展示場と久留米展示場のみとなります。ぜひ、その足で無垢床の風合いを確かめてみてくださいね。

>>hitマリナ展示場はこちら

住所:福岡市西区愛宕4-21サウスエリア
アクセス:福岡市都市高速「愛宕ランプ」より約3分
福岡市営地下鉄「室見駅」より徒歩15分
西鉄バス「豊浜団地」より徒歩1分
北側にリビングがある間取り事例|hitマリナ通り住宅展示場のご紹介
「リビングは日当たりの良い南側じゃないといけない!」そんな考えを良い意味で覆してくれるのが、hitマリナ通り住宅展示場。こちらは、立地の関係上、北側にリビングを設計しています。一般的に日当たりが悪いといわれる北側でも、明るさを充分に確保できる事例をご紹介していきます。この知識を参考に、土地探しの幅が広がると嬉しいです!

◆中心に吹き抜けと階段があるLDK空間
hitマリナ通り住宅展示場のLDK。北側のリビングに大きな窓を設けています。
リビングの南側にある階段上部には吹き抜けがあり、2階&吹き抜けに採用した窓から光を取り入れることで1階の中央部に光が集まります。これらの要素を加味することで、フロア全体に十分な明るさを確保できます。
気になった方はぜひ、hitマリナ展示場にお越しなって、明るさを体感してみてくださいね。



◆一体感のある間取り事例が人気!
当社モデルハウスの中でも、良い意味で奇をてらっていない、オーソドックスな間取りが特長のhitマリナ通り住宅展示場。1階フロアのリビング、ダイニング、キッチン、和室の各空間を分けつつも、「なんとなく同じ空間にいる」感覚が得られる間取りが好評で、家づくりの参考にされる方も多数いらっしゃいます。





いかがでしたか?北向きの家という一見するとデメリットになる条件も、間取りの工夫次第で解消できれば、土地探しの可能性が広がっていきます。詳しいお話は、ぜひhitマリナ住宅展示場スタッフまでお尋ねください!

>>hitマリナ展示場はこちら

住所:福岡市西区愛宕4-21サウスエリア
アクセス:福岡市都市高速「愛宕ランプ」より約3分
福岡市営地下鉄「室見駅」より徒歩15分
西鉄バス「豊浜団地」より徒歩1分