TOHOブログ

東宝ホーム 福岡TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

設計士が語る!東宝ホームの家づくりとは?
各展示場に常駐する営業スタッフと触れ合う機会は多いものの、実際に住まいのプランを描く「設計士ってどんな人だろう?」と気になる方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、建築申請に携わる企業で経験を積んだのち、昨年東宝ホームに入社したばかりの高松設計士に職場の雰囲気や会社の魅力をインタビューしてきました。




Q:入社のキッカケを教えてください。




A:建築士の資格を取得後、新卒で建築の申請関係の会社に入社しました。幼い頃から、家づくりの設計士になりたい夢があって。お客様の要望に、より専門的な視点でお応えできるように、先に法律関係から学んでいこうと思ったのが、最初の会社に就職した理由です。建築基準法をメインに携わり、幅広い知識と経験を積むことができたので、いよいよお客様の家づくりに携わるべく、東宝ホームへ入社しました。

Q:設計部の雰囲気はどうですか?

A:設計部は中途入社のメンバーが多く、他社でさまざまな経験を積んできたメンバーばかりなので、それぞれ個性や得意分野を持っていることが強みではないでしょうか。設計士同士のコミュニケーションも活発で、プランを見せ合ったりと、常に意見交換やノウハウ共有を行っています。間取りをキレイにはめ込むのが得意な人、スムーズな動線設計に長けている人、狭い空間の有効活用が上手な人など、それぞれに得意分野があるので、求められている課題や要望に応じて、意見を交換しながら、プランニングをつくりあげています。



Q:設計士として、東宝ホームの家づくりにどんな印象を持ちましたか?

A:間もなく入社1年。前職でさまざまなメーカーの仕様書などを見てきましたが、まず確信したのが、木造住宅を建てるなら東宝ホームが最も優れているということです。最強の高耐久構造を保証する構造材LVLをはじめ、外断熱、ハイブリッド・エア・コントロールなど性能面もハイスペックで、安心・長持ち・頑丈な家づくりが可能でありながら、設計の自由度が高いことが大きな魅力です。開放的な空間や吹き抜けなども安心して取り入れることができます。設計士として、自由度の高い設計ができることは、やはり大きなやりがいに繋がりますし、お客様の要望を叶えられるという喜びも実感できます。そんな環境があるからこそ、中途入社した設計士の多くがこの会社に定着しているのだと思います。

Q:先日、上棟式を終えたK様邸について教えてください。

A:K様邸は、ご家族3人で暮らす平屋建ての住まいです。2階がないことから、通路をなくして、居室スペースを有効に確保できるように設計。また、ランドリールームが欲しいというご要望でしたので、キッチンと一直線の場所に脱衣所兼ランドリールームをつくりました。当初は、脱衣所とランドリールームを分けたプランもあったのですが、家事の動線や効率を考えたときに、一体型の方が最適であると考えました。
また、「壁掛けテレビを設置したいので、壁に点検口をつくりたい」というご希望から、テレビ裏の壁の中に点検口やDVDデッキを収納できるスペースを造作。家電やコンセントの配置も考慮し、スッキリと開放的に暮らせる住まいのプランニングが完成しました。





いかがでしたか?
高松設計士と共にK様邸を担当した営業・井澤によると、「高松さんは、外に置く室外機やエコキュートの配置なども最初から考えてプランをつくってくれました。気が付きにくいところまで、先回りしてプランニングしてくれる、大変頼りになる設計士です!」とのこと。東宝ホームの設計士は、温和で話しやすいメンバーばかりなので、安心してご要望を託してくださいね!
予算内で実現できる!オーダーメードを取り入れた家づくり『FLEX住宅』

こだわりや好みを最大限に実現できることが注文住宅の魅力。そして、東宝ホームの建売住宅は、設計士とインテリアコーディネーターの技術の集大成であり、一棟一棟にテーマがあることが大きな特徴です。今回のテーマである『FLEX住宅』は、注文住宅と建売住宅の中間ともいえるプラン。そんな『FLEX住宅』の概要をはじめ、メリットやオススメポイントなどをご紹介します。





 

■『FLEX』とは?


ある程度の自由度がありながら、注文住宅に比べて価格をグッと抑えられることがメリットです。通常、注文住宅では【約301900万円~2000万円~】が一般的ですが、『FLEX住宅』なら【約331800万円~1900万円】ほどに抑えることができます(※建物のみの価格)。もちろん、外断熱やハイブリッド・エア・コントロール、構造材LVLなど、東宝ホームのハイスペック仕様は適応されます。

 

■どこまで選べるの?


1階の間取りを約20パターンから選べ、2階は居室を区切る間仕切りの配置のみ変更できます。建築地に応じて方角は自由に選ぶことができるので、立地や周辺環境への対応も可能。壁紙や建具といった内装・インテリアも決められた範囲から好きなものを選べるので、注文住宅のようなこだわりの雰囲気を演出できることも大きな魅力です。

 

■どんな人に向いてる?


「予算は抑えたいけれど、ある程度広い家にしたい」

「間取りはシンプルがいいけど、壁紙や建具は選びたい」

など、予算を抑えつつ、オーダーメードを取り入れて、オリジナリティーを出したい方は、ご検討していただくだけの価値はあると思います。

 

■まとめ


基本的に建物のみのプラン・価格になりますので、解体や外構などは別途料金が発生します。そのぶん、外構は自由にプランニングすることが可能です。これまで注文住宅をメインに数多くの家づくりを手掛けてきた設計やコーディネートの技術やノウハウが詰まった

FLEX住宅』に関する詳しい内容は、カタログでもご紹介しています。各展示場へお電話やメールでのお問い合わせも随時受付中です。ぜひ、お気軽にご連絡ください!

 

◎各展示場の一覧はこちら>>https://fukuoka-toho.com/exhibition/

◎資料請求>>https://fukuoka-toho.com/contact/


2020.06.09 | 固定リンク | 家づくり