TOHOブログ

東宝ホーム 福岡TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

【スタッフ紹介】~社歴20余年~hitマリナ通り住宅展示場・営業の古杉です!
今回は、社歴20年以上の大ベテラン!気さくで柔らかい人柄で若手メンバーから親しまれている営業の古杉を紹介します。3人の娘さんを持つパパでもある古杉は、休日は家事や子育てに積極的に参加!休日は夕飯づくりを担当し、魚を捌いてお造りを作ったり、冬は鍋料理を作ったり。奥様とお子さまたちのために腕をふるっているそうです。






そして、驚くべきはピアノの腕前です。娘さんたちがピアノを習っていることをキッカケに自身も演奏してみるようになり、レッスンに付き添った際にちょっとアドバイスをもらっただけで、メキメキと上達!今ではフランスのピアニスト「リチャード・クレイダーマン」の楽曲や、映画タイタニックの主題歌「My Heart Will Go On」などもマスターしているそうです。

***そんな古杉が入社当時のことを振り返ります。東宝ホームに入社したキッカケや会社に対する想いなどをインタビューしてきました***




■建ててからスタートする、本当のお付き合い



Q:東宝ホームに入社したキッカケは、子ども時代の想い出が関係しているそうですね。

A:今から20数年前、社会人になるときに「住宅関係の仕事がしたい」と思いました。そこには、こんな理由があります。私が小学6年生のときに両親が家を新築したんですが、「いよいよ棟上げ」という大切な日に担当者が来ていなくて。替わりに来ていた人から、その担当者が会社を辞めたことを聞いて、父親がものすごく落胆していたんです。そのシーンがずっと印象に残っていて…。社会人になるとき「自分は絶対にお客様を裏切らない仕事をしよう」と心に決めていました。

Q:今でもその当時の気持ちは変わっていませんか?

A:もちろんです。実際、入社して初めてのお客様に「僕は絶対に辞めませんから!」と宣言してしまいました(笑)。住宅は一生に一度の大きな買い物ですし、住み始めてから本当のお付き合いがはじまります。「担当したお客様をずっとサポートしていこう」という気持ちでいたら、20年間はあっという間でした。これまで担当した家づくりの1つひとつに忘れられない想い出があります。



■自分にもお客様にも正直でいられる



Q:長年働き続けられる理由はどこにあるのでしょう。

A:私自身が渡部社長のことを尊敬していることが大きいかもしれません。渡部社長の「家をつくるならこうでなければいけない!」という真っすぐな気持ちを持っているところが好きなんです。手前みそにはなりますが、お客様に対して、本当に裏表がない会社だなと思います。九州の高温多湿な気候に合った家づくり、理にかなった構造は、どのメーカーにも負けていません。こんなこと言って良いのかわかりませんが、福岡で東宝ホームを知らずに家を建てるのは勿体ないとさえ思ってしまいますね。



■構造、性能は体感から!



Q:構造材、性能についてはいかがですか。

A:東宝ホームは、「構造材の20年保証」という業界でもトップクラスの初期保証を提供しています。今から3年前、構造材の保証を「20年」に設定した理由は、構造材「J-WOOD」を使って「20年」が経過し、その耐久性が保証できたという根拠に基づいているんです。その間に九州地方では大きな地震が2回発生しましたが、東宝ホームの住宅は大事に至ることはありませんでした。当時の住まいの状況は、画像として残っているので、お客様にお見せすることもあります。また、「冬は暖かい、夏は涼しい」という性能については、やはり宿泊展示場に泊まって体感していただくのが一番です。

いかがでしたか?
営業の古杉は、hitマリナ通り住宅展示場に常駐しています。近くにお立ち寄りの際はぜひお越しください。よろしくお願いします!
人気の糸島暮らし♪【サニーガーデン美咲が丘駅南】建売分譲住宅、最終2棟となりました!
全21区画のうち、注文用宅地は全て完売!現在は、建売分譲住宅、5号地・13号地を販売しています。最寄り駅はJR筑肥線「美咲が丘駅」まで徒歩5分、「マルキョウ」や「サニー」が徒歩約10分の距離にあり、通勤やお買い物といった利便性もバツグンの環境です。最寄りの加布里小学校までは徒歩13分となっています。



◆広々とした空間で家族それぞれが寛げるLDK◆(13号地・4LDK+小屋裏収納)



LDKと和室を合わせて22.2帖と広々とした空間でのびのびと過ごすことができます。リビングとダイニングが分れたような間取りになっているので、食事のスペースと寛ぐスペースを分けられることもポイント。13号地は、各間取りに収納があり、ダイニングの背面にも大容量の収納を搭載。収納の半分は、階段下のスペースを活用した奥行のあるつくりになっています。お子さまのおもちゃや育児グッズ、本、文具など、リビングに散らかりがちなアイテムをすっきりと収めることができます。






◆雰囲気のある間接照明と光をたっぷり取り込めるLDK◆(5号地・4LDK+小屋裏収納)


5号地の見どころは、LDKの天井を照らす間接照明です。建売では珍しい、高いデザイン性の照明は、柔らかな雰囲気を醸し出しています。LDKは、大開口サッシでしっかりと光を取り込むことができ、お庭がほかと比べて広めなこともポイント。また、玄関周りの収納が充実しているため、三輪車やベビーカーなどもラクラク収めることができます。






◆家具・エアコン付きでコストカット◆ 


いずれの2棟もダイニングテーブル、カーテン、エアコン(1台)付きで販売!
入居したその日からコーディネートされた空間で新しい暮らしをスタートできます!


人気の糸島エリアにつき、ご見学、お問合せを多数いただいている状況です。気になった方は、ぜひお早めにお問合せください。お待ちしております!!

<サニーガーデン美咲が丘駅南・建売分譲住宅の詳細>
https://fukuoka-toho.com/lot/?dno=16&area=8&detail=on
<ご見学やお問合せはこちらから>
https://fukuoka-toho.com/reserve/
※ご見学は、「hitマリナ通り住宅展示場」(092-883-4838)へお電話でのご予約も可能です。
理想の土地との出会いからスタートした家づくり ~スタッフ回顧録―Part⑮~
今回は、【KBCマイホーム展示場久留米会場】柴尾店長のお客様ストーリーを振り返ります。ちょっとその前に、柴尾店長自身のストーリーを紹介させてください。





※キュートなワンちゃんは、柴尾店長の愛犬ふーちゃんです♪
                   
大学で建築学科を履修した柴尾店長は、「デザインの仕事がしたい」との想いで、建築士として設計事務所に就職、10年のキャリアを積みます。そんな折、柴尾店長は自邸を建てることになり、住宅の性能や構造について調べはじめたそうです。


「結果、高気密・高断熱がいいという結論に至ったんですが、九州は高温多湿な気候から、気密性が高いと、どうしても壁内が結露で傷んでしまいます。そこに着目し、『ハイブリッド・エア・コントロール』という性能で真面目に向き合っている会社が東宝ホームしかなかったので、家づくりを依頼しました」という柴尾店長。そう、実は、入社前に東宝ホームで自邸を建てていたんですね!

その後、設計事務所で主に公共施設の設計を手がけていくなかで「実際に住む人の要望をカタチにできる家づくりに携わりたい」と考えるようになり、転職を決意。東宝ホームへ営業職として入社することになりました。

**そんな柴尾店長にN様邸のストーリーをインタビューしてきました!**




◆理想を叶える土地に出会う◆



Q:N様との出会いのキッカケは?

A:お電話で分譲地のお問合せをいただき、その日のうちに展示場へ来場されました。小学生の息子さんの学区内でずっと土地を探していて、やっと希望する立地条件で見つかったとのことで、「早く申込みしたい!」というお気持ちが強かったです。その時点でいくつか分譲地が空いていたため、その場で手書きのプランをお描きし、N様のご要望に最適な宅地をご提案しました。

Q:N様は家づくりに夢や要望がたくさんあったとお聞きしました!

A:そうですね!特に奥様は家づくりのイメージがほぼ固まっていました。まずは、息子さんが部活でユニフォームを汚して帰ってくるので、洗面室に勝手口を設けて、帰宅時は直接お風呂に入れるようにして。シューズクロークは一般的なサイズと比べて2~3倍の広さがあり、玄関土間からも直接浴室につながる動線をつくりました。




◆無垢材に引けを取らない『突板フローリング』◆



Q:ワンちゃん専用のスペースがあるそうですね!
A:はい!ワンちゃんのお部屋をつくりたいとのご要望がありましたので、階段下を有効活用して専用のスペースをつくりました。床材は、突板フローリングを使用。突板フローリングは、ベニヤ板の表面に天然の板を張り付けているため、イミテーションではなく、本物の木の質感を楽しむことができます。無垢材に比べて、傷が付きにくく、水にも強いことが特徴です。


Q:全体的なデザインはどんな印象ですか?

A:奥様の要望でLDKにはかなりこだわりました。周囲の視線が気にならない立地を生かし、南側の壁一面に大開口サッシを設置。家の中にいながらも外を感じられるような開放的な空間が完成しました。行き止まりがない回遊動線で家事ラクや生活の快適性を実現したり、バーベキューが楽しめるウッドデッキを設けたり。引き渡し時には「理想の家になりました!」と言っていただけたので、大変嬉しかったです!



※画像はイメージです。

2級建築士のスキルはもちろん、東宝ホームで自邸を建てた経験を活かして、お客様に寄り添ったプランニングを提案している柴尾店長。展示場で見かけた際は、ぜひお気軽にお声かけください!家づくりに関するご相談ももちろん、受け付けています♪
面積や雰囲気だけでは分からない、土地の良し悪し。
土地探しの激戦区である福岡エリア。家づくりを検討したいけど、「良い土地が見つかるかな?」と不安な方も多いかもしれません。最近は、ネットで土地情報を閲覧できたりと、一般の方でも土地を探すことができます。それでも「その土地が良い土地かどうか?」という判断は、面積や立地など、データだけでは計り知れないのが現実…。
そこで今回は、土地探しを始める前に「これだけは知って欲しいポイント」を紹介します。


◆「土地を探すなら東宝ホーム!」と言われる理由◆



福岡エリアは、「土地が欲しい人は多くて、売り出されている土地は少ない」という状況です。そのため、東宝ホームでは、大型分譲地の開発だけでなく、2~3区画程度の分譲地をスピーディーに造成するなど、多角的な動きで、土地の確保に努めています。時には営業課が、「このエリアの土地開発を検討して欲しい」と不動産課に依頼することも。
お客様に安定して土地をご提案できるよう、社内一丸となり、部署の垣根を越えて、分譲地の開発に取り組んでいます。


◆土地の良し悪しを見極めるチェックポイント◆



ネットの情報などを参考に、お客様ご自身で土地を見に行かれる場合もあると思います。
せっかく土地を見に行かれたのであれば、
◎エリアの雰囲気(周囲の住宅の築年数や住民の年齢層など)
◎街灯の有無など安全面の環境(夜間の雰囲気)
などをチェックしてみてください。


隣家との境界線や土地の歴史、地盤の状況などは、一般の方では簡単に知り得ることができないのが実情です。着工後、トラブルになることがないよう、住宅の営業マンなど、信頼できる専門家に確認してもらい、しっかりと判断することが重要です。



◆デメリットがあれば、正直にお伝えします◆



東宝ホームでは、自社保有地に限らず、お客様が見つけてこられた土地も営業が現地へ出向き、現時点でわかるメリット、デメリットをしっかりとお伝えします。“建てた後のお付き合い”を大切にしている私たちだからこそ、良いことばかりではなく、悪いことがあれば、包み隠さずお話します。その後、デメリットがあれば、「解決できるのか?」を不動産屋に交渉。
また、一般宅地で気になるのがご近所さんの人間関係。私たちは、お客様が土地を契約する前に、営業が近隣のお宅を一件一件訪問し、わかる範囲でのご近所さんの情報をリサーチしています。安心して家を建てていただくためのサポートは惜しみません。




◆資産価値の高い家として、徹底的に調査しているのが東宝ホームの分譲地です◆ 


周辺環境や利便性、地盤状況、ハザードマップなど、全方位を徹底的に調査したうえで、「安心して住める」と判断されたのが東宝ホームの分譲地です。サニーガーデンなど、当社の分譲地であれば、隣家も東宝ホーム住宅なので、視線や窓の配置なども配慮して設計されます。また、同世代の子育てファミリーと共に新しいコミュニティーを育んでいけることも分譲地の大きな魅力です。





東宝ホームは、安定した経営状況と不動産屋との信頼関係から、市場に公開されていない土地情報をスピーディーに入手することもあります。お客様に安心して家づくりをスタートしていただけるよう、間違いのない土地をご紹介いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください!

>>最新の分譲地情報はこちら https://fukuoka-toho.com/lot/ 
2020.10.29 | 固定リンク | 家づくり
これから建てるべきは、資産価値の高い家 ~スタッフ回顧録―Part⑭~
今回は、hitマリナ通り住宅展示場に常駐する営業・野口の回顧録をお届けします。オープンな人柄でユーモアに溢れる接客は「野口くんにしかできない!」と先輩から大小判を押される、ムードメーカー! 料理が趣味で、近頃はラーメンを自家製でスープからつくるほどのこだわりようで、なかなかの本格派です。そんな彼がH様邸のストーリーを振り返ります。





◆次世代に資産として残したい◆



Q:H様の家づくりのキッカケを教えてください。

A:ご主人様が海外勤務が多く、将来に備えて、資産価値として残せる家を希望されていました。性能や構造がしっかりとしているメーカーを中心に検討されていたようです。また、当時お住まいだった賃貸アパートは、バイパス沿いで騒音がひどく、すごくストレスを感じていたようでした。夏の暑さや冬の寒さを回避できる快適性はもちろん、資産価値の高い家として、東宝ホームの構造や性能を高く評価してくださいました。



◆住宅設備を豊富なラインナップから選べる◆



Q:東宝ホームに依頼してくださった決め手は?

A:当初は「性能や構造がちゃんとしていれば、どのメーカーでもいい」というお考えだったH様。1年の大半を海外で過ごすご主人様には、「自宅のお風呂に打たせ湯や備え付けのベンチをつくりたい」という夢がありました。ところが、他ハウスメーカーでは、住宅設備の選択肢が少なく、ご主人様の希望されるような浴室をつくることができなかったようです。東宝ホームでは、多数の住宅設備メーカーと提携し、お客様にとっての選択肢が広がるご提案が可能です。無事、H様も大満足の素晴らしい浴室が完成しました!



◆開放的な間取りを快適にする性能◆



Q:ほか、どんな要望がありましたか?

A:奥様が「前原西宿泊体験展示場」を大変気に入られて、ランドリルームから室内干しスペースにつながる間取りをそのまま採用しました。また、スキップフロアの上部には4.5帖の吹き抜けがあったり、まるでワンルームのように広々とした「書斎+寝室」があったりと、ご夫妻のご要望がすべて叶う理想の住まいとなりました。お引渡しは1月。一番寒さが厳しい季節だと思うのですが、入居後、「とりあえずエアコンを一台設置して、足りるかな?寒くないかな?と思ってたけど…。野口くん、暑いくらいだったよ(笑)」とご連絡いただきまして。東宝ホームの『外断熱+ハイブリッド・エア・コントロール工法』の快適性をいち早く実感していただき、すごく嬉しかったです。ご主人様は「家に帰るのが楽しみで仕方ないんだよ!」とも、おっしゃっていました!

Q:ご主人様とは親密なお付き合いが続いているそうですね!

A:はい!なかなかお会いできる機会は少ないですが、タイミングが合えば、何時間も電話でお話しすることもあります。自分にとって人生の先輩でもあるので、さまざまな相談にのっていただいたり。少し前ですが、家づくりを検討している従妹様を「面白い営業マンがいるから会ってみなよ!」とご紹介していただき、大変光栄でした(笑)!