建売住宅宅地・分譲地支店・住宅展示場宿泊体験展示場施工ギャラリー

スタッフBlog

トップページ>スタッフBlog|建築日誌から
建築日誌から
東宝ホーム福岡スタッフのブログです!
一軒のお家が出来上がるまでをご紹介する「建築日誌」。営業スタッフが日々の話題をご紹介する「営業日誌」。
時々脱線もしますので、お気軽にお付き合いください!

旅行

所属:総務経理課

氏名:真瀬田 咲紀

初めまして、総務経理課の真瀬田(ませだ)です。

私は去年、出身宮崎から福岡へきて9月に入社しました。
日々新しいことや発見があり勉強の毎日を送っています。
福岡へきてからは旅行へ行ったり、
おいしいものを食べたり充実しています。

そして去年の11月には初めて広島へ行ってきました。
恥ずかしながら新幹線に乗るのも初めてで
前日から楽しみで眠れなかったです。
そして宮島へ着き厳島神社へ。
何気なく引いたおみくじは凶!!
凶を引いたのも人生で初めてでした。
少しだけ落ち込みましたが天気には恵まれて
その時だけは凶を引いたことを忘れさせてくれました。
周りを見るとあちらこちらに鹿。。。
人懐っこい鹿でしたが何でも食べてしまう鹿にびくびくしながらも
満喫することができました。

今後は壱岐、喜界島へ行く計画を立てています。

今年も始まったばかりですが、しっかり目標を定めて
日々精進していきたいと思います。
よろしくお願いします。

戸建?マンション?

所属:総務経理課

氏名:鎌田 美知代

初めまして。経理課の鎌田です。
住宅メーカーに籍を置いているにもかかわらず、マンションに住んでいます。
今回はマンションと戸建の住環境について考えてみたいと思います。

マンションは通常地価の高いエリアに建設されますので、立地は抜群で通勤には便利という利点があります。
同居しているワン公は、マンションの箱の中で育っていますので、正真正銘の箱入り息子です。タイル張りのベランダに出ては鉢の花に近づき鼻をヒクヒクさせています。

熊本の実家は古い戸建です。庭も広いので、帰ると四季折々の花が咲き、季節ごとにセミがいたり、メジロが飛んで来たり、鈴虫が鳴いていたり・・・ワン公も散歩から帰ってくると土いじりを始めて足は真っ黒。
夏は縁側から座敷に風が通るので、私とワン公で一緒に昼寝しています。

戸建はマンションと比較すると収納も多く、庭もあり、家族で生活して子供を育てるには環境が整っていると思います。一方、マンションは住む階層によっては戸建より安全面では優れています。

また、戸建は自分で定期的にメンテナンスを行う必要がありますが、マンションは放っておいてもエントランスの掃除や改修工事を行ってくれます。但し、マンションは管理費と修繕積立金を毎月支払わなければならず、また、10年を超えると修繕積立金が増額されることもありますので、支出面は自分でコントロールできないという事を念頭に置いておく必要があります。

どのような人生設計を持っているかによって選択は変わってきますね。
ご参考になればと思います。

季節の変わり目

所属:設計課

氏名:茨木 康行

少しずつ朝も肌寒くなり、また秋のコーデを楽しめる季節がやってきました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

街が秋のファッションで華やかに色づき始めると、
競うように自然も様々な色に染められていき、もう出かけずには居られませんよね。


出かける前に、ちょっとだけお話を聞いてください。(笑)

ファッションや、自然と同じ様におうちも衣替えしてみませんか?
ストーブやこたつを出すだけでも、すっかり衣替え状態ですが、
もっと積極的にお部屋の衣替えも考えてみましょう。

ラグマットに始まり、ソファやクッションカバー、出来ればカーテンや照明の色、
和室の室礼、スリッパ、ちょっとした小物など季節によってかえてみると、ずいぶん気分も変わるものです。

例えば、京都の町家では、襖や障子は実は冬の装いで、夏は障子を御簾、襖を須戸、畳の上には籐の網代や籐むしろなどを敷き詰めたそうです。
夏は部屋を仕切る建具にも通風の機能を持たせ、強い夏の日差しを和らげる簾の効果を取り入れ、冬は障子、襖で風をふせぎ光を間接光のように取り入れたりしていたそうです。

そこまでは無理としても、ラグやカーテンの色調、マテリアルだけでも季節感は十分楽しめると思います。
すると、空調の設定温度も変わってくると思うんです。

とかく断熱や気密性などハード面ばかりに目が行きがちですが、
その上に日本の先人達の知恵、計画的な開口部や庇の設置などソフトの面がとても大事だと思うんです。
その上でZEHを目指したいですね。


せっかく皆さん世界でも有数の四季が豊かな日本に暮らしているんですから、
先人達の知恵をうまく取り入れて楽しまないと、もったいないと思いますよー。

東京旅行

所属:設計課 インテリアコーディネーター

氏名:市丸 明穂

はじめまして、福岡支店 設計部の市丸です。

先日、東京へ旅行に行ってきました。
東京へは定期的に行く機会があるのですが、その度に新しいスポットができている気がします。
今回はその中でもどうしても行ってみたかった場所に訪れてきました。

1ヵ所目は、GINZA SIXです。
銀座の高級ブティックが軒を連ねる一角にできた商業施設で、
中央の吹抜け空間には草間彌生さんの作品『南瓜』が存在感たっぷりに展示されています。
写真を撮ってる人達も多く、私も休息スペースと一緒にパシャリ。

GINZA “SIX”に準えてか六角形になっていて可愛かったです。

2ヵ所目は、池袋のサンシャイン水族館です。
都心のビルの屋上にあり、最近リニューアルしてできた屋上庭園で見れる
”空飛ぶペンギン”が話題になっている水族館です。
「どんなつくりになってるんだろう!?」と楽しみにしていたのですが、
本当に空を飛んでるみたいで、頭上をペンギンが飛び回るという体験ができました!

どちらも流行りのフォトジェニックな場所でもあるので、笑
東京へ行く機会のある方は是非訪れてみてください♪

所属:総務経理部

氏名:池本 早希

はじめまして、福岡支店総務経理部の池本です。


まだまだ暑い日が続きそうですね。
本日の日差し。

過ごしやすい季節を心待ちにしながら毎日の仕事に励んでおります。


私は5月に入社したばかりです。
入社当初、東宝ホームの展示場を数か所見学する機会がありました。

キレイで広い住宅の中を見学させて頂きました。

経理課ということもあり、お客様と顔を合わせることはほとんどありませんが、先輩スタッフ方と協力してお客様に満足して頂ける家づくりをお手伝いできるよう日々精進して参ります。


今後ともよろしくお願い致します。

はじめまして

所属:設計課

氏名:中川 実菜

福岡支店 設計課の中川です。
初めてブログを書きます。

先週の休みに「黄金のファラオと大ピラミッド展」、先月は「世界遺産ラスコー展」に行きました。
どちらも開催されて1ヶ月以上経っているので行かれた方も多いと思います。

ラスコーは1~4まであるのをご存知でしょうか?
現在福岡にあるのは、ラスコー3です。
ラスコー1:本物の洞窟
ラスコー2:近くの洞窟に2/3再現したレプリカ洞窟
ラスコー3:世界巡回用に製作された移動できるレプリカ(←現在福岡にあるのがコレ)
ラスコー4:本物の洞窟全体を再現した昨年末オープンの施設

そして、展覧会と言えば限定グッズ!
今しか買えないと思うと色々買ってしまいます。
ラスコー展は2回行きましたが、初日に行ったときよりも2回目のほうがグッズの種類が少し増えているような・・・気のせいでしょうか。
ピラミッド展では、ヒエログリフで自分の名前をお箸やキーホルダーに名入れしてくれるサービスもありますよ。

↓今年行った展覧会で買ったグッズの一部です。

宮崎

所属:建設部 建設一課

氏名:西 明樹

博多の夏の風物詩であります、山笠も終わり、梅雨が明け、本格的に夏がやってまいりました。

私は、先日以前お世話になっていた宮崎の会社の同僚や元上司と、誕生日会のため宮崎に行ってまいりました。

福岡を14時に出発するバスに乗り、19時到着19時半より食事会開始!
そこから、思い出話などで大変盛り上がりました。
しかし、年月というのは怖いもので、6人中4人に子供や家庭が出来ていました。当然アルコールが入るにつれ、会話は、家族の話、もしくは健康の話。全然話に入れなくなっていき、進むアルコール。。。
いまいち、記憶が残っておりませんが、まぁ楽しかった証拠ということで!

今回、宮崎には食事会のみの予定で帰ったため、朝9時のバスに乗り込み宮崎を後にしました。移動に10時間、宮崎滞在13時間という弾丸スケジュールでしたが、とてもリフレッシュすることが出来ました。

また、来年あたり遊びに出かけたいと思います。

初めまして

所属:設計課

氏名:坂口 遼

初めまして。

今年の4月に入社致しました
福岡支店設計課の坂口と申します。

まだまだひとつの仕事をこなすことで精一杯です。


そんなある日、先輩社員に同行して家具を見に行くことになりました。
中央区渡辺通にありますBiVi福岡と言うお店です。
学生の間にも何度か訪れたことはあったのですが、
「これはお仕事だ」と思いながらもやっぱりワクワクしてしまいました。

インテリア雑貨や家具をよく見て回るので、買いたくても買えないもどかしさがあります。

いつか自分の家で好きな家具に囲まれた生活をしてみたい!

そんな野望を持った新入社員ですが、これからよろしくお願いいたします。

(建物の外観の写真です)

高速観光

所属:建設課

氏名:早﨑 裕詞

福岡支店 建設部 
早﨑です。

久留米店でご契約の現場管理をさせていただく機会が増えてまいりました。
筑後川を渡って始めて訪れる土地もありますが高速一人旅をしております。


一月に上棟した「うきはの家」も三月末で竣工します。

現場のそばに江戸時代に城下町久留米と天領日田を結ぶ宿場町として栄えた
豊後街道があります。
白壁土蔵の家々、町並みが保存されており今回ブログ写真撮影のために
高速観光をしてきました。

何か懐かしい気分をあじわえました。
次回はゆっくり歩いてみたいと思います。

お引渡し予定の四月初旬には桜の花が見ごろだと思います。


ご縁があればあちらこちらで現場管理させていただきます。
宜しくお願い致します。

ミクロの世界

所属:設計課

氏名:出口 卓朗

みなさん、こんにちは。福岡支店設計課の出口です。
久しぶりにブログを書くことになりました。先回、2回続けて山の話を書きました。雄大な山を目の前にして何もかも忘れてひたすら自然の中へ入っていく喜びがありますが、今回はあまりイメージの少ないミクロの世界をのぞいてみたいと思います。

以前旅行の際、コンパクトデジタルカメラを購入しました。防塵・防水・ワイドズーム等の多機能に加え簡易的な顕微鏡機能が付いていました。普段目視できない私達の身の回りの小さな写真を何枚か撮ってみました。
これは私の家のシンボルツリーの根巻き部分に生えている苔です。
煉瓦の大きさと比較するとそのキメの細かさがわかります。一見柔らかな絨毯に見えますが拡大すると一枚一枚の小さな草の葉のようです。菌類・藻類などいろいろな顔を持つ庭を彩る植物なのです。苔むす庭、和庭に欠かせない素材です。(すみません。私の庭は和庭ではありませんが土の部分の数少ない素材なのです。)

また、今年の初めにオーストラリア西海岸のパースに行ってきました。
世界で最も美しい街の一つといわれるこの町で、ダイビング好きの私の目にとまった雑貨屋さんに置いてあった『サメの歯』です。有名なホホジロサメの歯ではありませんが思わず買ってしまいました。おそらくイタチザメ(タイガーシャーク)の歯ではないかと思いますが。
温帯・熱帯海水域の広範囲に生息し日本でも沖縄八重山諸島などでも見かけるこのサメは雑食性でウミガメ・ウミヘビ・イグアナなどに加え産業廃棄物・金属・プラスチック等も食してしまうとんでもないサメです。ホホジロザメに次いで危険なサメで人を襲うこのサメは海の中で絶対に会いたくないサメの一種です。今は車の魔よけの一つとしてかけていますが効果はわかりません。

最後にちょっと木材のお話をしましょう。
下の写真は杉柱と東宝ホームのLVLの柱の断面の写真です。どちらも8年ほど経った乾燥した木材のものです。
樹木は根から葉へと水を運ぶための道管があります。大きさが大きければ大きいほど水を運ぶ量は多くなります。道管が乾燥すると空洞になります。比重にすると軽くなります。
一方東宝ホームのLVLの柱はニュージーランドパインで杉の木に比べると非常にきめ細かくなります。建築用語でいう断面欠損の考えると建築材料の強度が高まるという事になります。間取り・部材の配置などにもよりますが基本的に構造部材の強度は住宅の大切な部分でもあるのです。
私達東宝ホームはお客様の安全と安心を提供しています。(ちなみに左が杉柱、右がLVLです)
しまった!! ついコマーシャルになってしまった!

お問い合わせ・資料請求

東宝ホーム本社サイトへ