TOHOブログ

東宝ホーム 福岡TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

【スタッフ紹介】~社歴20余年~hitマリナ通り住宅展示場・営業の古杉です!
今回は、社歴20年以上の大ベテラン!気さくで柔らかい人柄で若手メンバーから親しまれている営業の古杉を紹介します。3人の娘さんを持つパパでもある古杉は、休日は家事や子育てに積極的に参加!休日は夕飯づくりを担当し、魚を捌いてお造りを作ったり、冬は鍋料理を作ったり。奥様とお子さまたちのために腕をふるっているそうです。






そして、驚くべきはピアノの腕前です。娘さんたちがピアノを習っていることをキッカケに自身も演奏してみるようになり、レッスンに付き添った際にちょっとアドバイスをもらっただけで、メキメキと上達!今ではフランスのピアニスト「リチャード・クレイダーマン」の楽曲や、映画タイタニックの主題歌「My Heart Will Go On」などもマスターしているそうです。

***そんな古杉が入社当時のことを振り返ります。東宝ホームに入社したキッカケや会社に対する想いなどをインタビューしてきました***




■建ててからスタートする、本当のお付き合い



Q:東宝ホームに入社したキッカケは、子ども時代の想い出が関係しているそうですね。

A:今から20数年前、社会人になるときに「住宅関係の仕事がしたい」と思いました。そこには、こんな理由があります。私が小学6年生のときに両親が家を新築したんですが、「いよいよ棟上げ」という大切な日に担当者が来ていなくて。替わりに来ていた人から、その担当者が会社を辞めたことを聞いて、父親がものすごく落胆していたんです。そのシーンがずっと印象に残っていて…。社会人になるとき「自分は絶対にお客様を裏切らない仕事をしよう」と心に決めていました。

Q:今でもその当時の気持ちは変わっていませんか?

A:もちろんです。実際、入社して初めてのお客様に「僕は絶対に辞めませんから!」と宣言してしまいました(笑)。住宅は一生に一度の大きな買い物ですし、住み始めてから本当のお付き合いがはじまります。「担当したお客様をずっとサポートしていこう」という気持ちでいたら、20年間はあっという間でした。これまで担当した家づくりの1つひとつに忘れられない想い出があります。



■自分にもお客様にも正直でいられる



Q:長年働き続けられる理由はどこにあるのでしょう。

A:私自身が渡部社長のことを尊敬していることが大きいかもしれません。渡部社長の「家をつくるならこうでなければいけない!」という真っすぐな気持ちを持っているところが好きなんです。手前みそにはなりますが、お客様に対して、本当に裏表がない会社だなと思います。九州の高温多湿な気候に合った家づくり、理にかなった構造は、どのメーカーにも負けていません。こんなこと言って良いのかわかりませんが、福岡で東宝ホームを知らずに家を建てるのは勿体ないとさえ思ってしまいますね。



■構造、性能は体感から!



Q:構造材、性能についてはいかがですか。

A:東宝ホームは、「構造材の20年保証」という業界でもトップクラスの初期保証を提供しています。今から3年前、構造材の保証を「20年」に設定した理由は、構造材「J-WOOD」を使って「20年」が経過し、その耐久性が保証できたという根拠に基づいているんです。その間に九州地方では大きな地震が2回発生しましたが、東宝ホームの住宅は大事に至ることはありませんでした。当時の住まいの状況は、画像として残っているので、お客様にお見せすることもあります。また、「冬は暖かい、夏は涼しい」という性能については、やはり宿泊展示場に泊まって体感していただくのが一番です。

いかがでしたか?
営業の古杉は、hitマリナ通り住宅展示場に常駐しています。近くにお立ち寄りの際はぜひお越しください。よろしくお願いします!