TOHOブログ

東宝ホーム 福岡TOHOブログ
「便利」で「閑静」な暮らしを叶える~サニーガーデン大善寺駅南~
今回は、福岡支店の営業スタッフが「久留米エリアに住むならココ!」
とイチ押しする【サニーガーデン大善寺駅南】宅地分譲のご紹介です♪

エリアの魅力や利便性、宅地分譲の特長について、営業の井澤がお答えします!

■駅の東西で利便性&閑静な暮らしを叶える■

Q:営業スタッフがイチ押しする一番の理由は?



A:徒歩8分の場所にある西鉄大善寺駅は、急行も特急も停車するので、福岡都心部へはもちろん、大牟田方面への通勤や通学にも大変便利です。駅の西側は柳川県道が通っているので、車通勤もスムーズ。この柳川県道沿いには、スーパーや銀行、郵便局と何でも揃っています。一方で駅の東側は、閑静な住宅地が広がっていて、一度足を運んで確かめていただきたいのですが、街並みが本当にキレイなんです。利便性もそうですが、やはり「街並みがキレイ!」というのがスタッフがイチ押しする一番の理由かもしれません。

Q:土地の価格はどうですか? 

A:現在4区画を販売しており、約61坪1190万円~約82坪1240万円という価格帯になります。“駅チカ”という利便性がありながら閑静な暮らしができることから、この辺りは宅地が出ることが少ない人気のエリア。販売前からご予約や仮契約をされるお客様もいらっしゃったほどです。隣の三潴町に入ると、もう少し土地の価格は低くなります。それでも、やはり街並みのキレイな大善寺に家づくりをご所望される方が多いです。

Q:この宅地にはどんな家づくりが向いていますか?





A:いずれの宅地もこのエリアの平均的な広さ60坪を有しています。旗竿地の4号地、5号地は80坪あるので、平屋を建てたとしても、車2台を横並びに駐車できるほど、敷地面積にゆとりがあります。もちろん、住宅地なので日当たりはどの宅地も良いです。また、周囲も東宝ホームの区画のため、外壁などのデザインがかぶらないように配慮したり、家同士の目線を考慮したりと、設計士がしっかり計算して家づくりを行うので、居心地の良い快適な暮らしを実現できます。

Q:大善寺というと有名なお祭りがありますよね?
A:国の重要無形民俗文化財に指定されている『鬼夜』が毎年1月7日の夜に大善寺玉垂宮で開催されています。また、一説によると、住所に“寺”が付く場所は、その昔から災害が起きにくいエリアと言われているのだそうです。日本三大火祭りとされる『鬼夜』は槌難を祈願するものでもありますし、歴史的背景に守られている土地と言えるのかもしれません。

>>【サニーガーデン大善寺駅南】の詳細はこちらから。

見学やお問合せはお気軽にご連絡ください!
2019.08.06 | 固定リンク