TOHOブログ

東宝ホーム 福岡TOHOブログ
大きな吹き抜けがあっても寒くない!オシャレで住み心地の好い住まい~お客様事例・S様邸~
ご夫婦+お子さま3人のS様ファミリー。キューブ型を組み合わせたような外観は、縦長やスクエアの小窓の配置、ホワイトとグレーの配色コントラストが都会的な印象です。プランニングでは、S様とインテリアコーディネーターで感性のコラボレーションを♪外観も間取りもデザインも、すべてに満足できるオシャレなお家が完成しました。







******今回は、S様邸営業担当:古杉がお答えしていきます♪******

■インテリアはコーディネーター&S様のコラボで完成!■

Q:家づくりの要望やこだわりを教えてください。

A:担当インテリアコーディーネーターとS様の感性がマッチして、プランニングはスムーズに進んでいきました。
S様が提示される要望や好みをインテリアコーディネーターが深いところまで理解したうえで、さまざまなご提案ができたので、安心感を持ってくださったようです。打ち合わせ中から「想像以上にオシャレな家ができそう!」とワクワクしておられました♪

■ 大胆な吹き抜けで家族の寛ぎ空間を開放的に■

Q:LDKはどのような空間になりましたか?

A:リビング天井から2階ホールまで広がる吹き抜けは、S様邸のシンボルともいえるほど開放的な空間に仕上がっています。縦長の掃き出し窓から陽光が差し込み、明るさもしっかりと確保。スケルトンの階段や手すりで、視覚的な広がりも感じられます。ここまで大胆に吹き抜けをつくると、「冬は寒いのでは?」「夏はエアコンが効かなくなりそう」と心配される方もおられるかもしれませんが、外断熱+エア・コントロールの独自工法により、吹き抜けのデメリットは殆ど感じられません。空調効率が良く、1年中快適に過ごすことができます。実際、S様も家を建てる前に「一戸建ては冬寒いからね…」と周囲の方から言われていたそうですが、「12月に入居して冬がとても暖かくて快適に過ごせました!」と喜んでおられました。







■随所にこだわりが感じられる住まい■

Q:ほか、インテリアや間取りの特長を教えてください。

A:内観は白い壁とダークブラウンの木目、モノトーンの家具が調和したシックで洗練された空間に仕上がっています。ご主人様の仕事部屋は、使いやすさを重視して、オーダーメイドで机と書棚を造作しました。まるでホテルのようにモダンな洗面室は、水栓が2つあるワイドな設計で機能的に。お子さまが成長しても、朝の身支度で混雑しなくてすむようにゆとりある広さを設けています。
 
玄関は、一般的な建具よりも高さがある天井までのハイスタッドの建具を使用し、個性的で洗練された空間を実現しました。玄関の壁には、調湿機能と防臭効果があり、汚れや水分を通さない『エコカラット』を採用。デザイン性だけでなく、機能性も兼ね備えた空間になっています。

こだわりを沢山お持ちのお客様の要望をただ実現するのではなく、営業担当、設計士、インテリアコーディネーターのタッグにより、要望以上の満足できる住まいをつくることが、私たちの使命です。
お客様事例は来週もお届けしますので、ぜひチェックしてください♪
2019.10.17 | 固定リンク