TOHOブログ

東宝ホーム 福岡TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

福岡エリアで要注目の“東の副都心”JR千早駅から徒歩圏内!~サニーガーデン舞松原~
福岡市の東側に位置するこのエリアは、近年、香椎駅前、千早駅前を中心に大規模な都市開発が進み、広々とした歩道やデザイナーズマンションが立ち並び、美しく先進的な街並みへと変貌しています♪今回は、千早駅から徒歩約15分の場所にある自社分譲地『サニーガーデン舞松原』について、営業・落石がお答えします!



■価格高騰中につき資産価値はお墨付き!■

Q:JR千早駅周辺は福岡でも人気急上昇中のエリアだそうですね。

A:福岡でもトップクラスで土地の価格が高騰しているエリアです。将来的に土地の資産価値が下がることはほぼないと言っていいでしょう。今後、どんどん土地が少なくなっていくうえ、価格は上がっていくため、土地の購入は早いに越したことはありません。当分譲地では、全21区画のうち、10区画が東宝ホームの宅地になります。これぼど人気が高いエリアに、多数の土地を買い付けできるのは、当社の経営が健全であり、実績のある地場企業として高く評価されている証ではないでしょうか。

■美しく新しい街で共に成長できる喜び■

Q:自社分譲地ならではのメリットはありますか?

A:周囲と外観のデザインが被らないように考慮したり、隣家同士の視線や景観に配慮して窓の配置など間取りを設計できる点は、自社分譲地の強みです。また、分譲地内は同世代の子育てファミリーが多く、“子どもと共に育っていく街”として、コミュニケーションを育むことができます。

■若い世代が注目するショップも続々OPEN!■

Q:利便性も良さそうですね。

A:スーパーやコンビニ、郵便局、ドラッグストアなど生活に必要な施設は全て徒歩圏内にあります。最寄りの舞松原小学校は徒歩約10分なので、お子さんの通学も安心。千早駅前にある「なみきスクエア」は、市民センターや東図書館、証明サービスコーナーなどを併せ持つ複合施設で、東区役所まで行かずともこちらで証明書などの発行手続きを済ませることが可能です。ほか、スポーツジムやカフェ、スイーツショップなども続々とオープンしており、まさに“副都心”としての豊かな暮らしを満喫できます♪

Q:着工はいつからですか?現在の申し込み状況は?

A:全10区画のうち、現在3区画のお申込みをいただいている状況です。令和元年11月から造成がはじまり、建物の着工は令和2年3月以降を予定しています。

JR千早駅から博多駅まで10分、天神までは12分と通勤や通学、ショッピングにもアクセス抜群な『サニーガーデン舞松原』。現地のご見学やお問合せは、『hit香椎浜住宅展示場』(092—672-8785)までお気軽にお電話ください!お待ちしております♪
土地探しは営業マンの腕の見せどころ!二世帯住宅の家づくりストーリー~スタッフ回顧録Part-④~
『ご夫婦+お子さん+ご主人のご両親』の5人家族で、新たに二世帯住宅の新築計画を土地探しからスタートされたM様邸のプランニング・ストーリーをお届けします♪

そもそも、二世帯住宅には大きく分けて3種類あることをご存知でしたか?

■完全共同型…水回りや玄関など基本的に全てを共有しそれぞれの世帯に個室がある。
■階数分離型…1階は親世帯、2階は子世帯など階数で世帯を分離し、水回り別々、玄関は共有が多い。
■完全分離型…水回りや玄関など基本的に全てを分離し、リビングや廊下を通じて繋がっている。

**完全分離型の二世帯住宅を建てられたM様邸を担当した、営業スタッフ・落石にインタビューしました!**



◆前職のノウハウや人脈を活かしてベストな土地を提案◆

Q:M様の家づくりのキッカケを教えてください。

A:お子さんの誕生をキッカケにご主人のご両親と同居を検討されていました。現存のご実家は売却し、新たにご主人の職場近くのエリアで土地を探しておられて。豊富な自社分譲地を保有する東宝ホームですが、自社分譲地にお客様が希望する土地がなければ、他社からの紹介など、範囲をフレキシブルに広げて土地探しを行います。他社では流通していないような土地を紹介できるかどうかは、「どれだけ横の繋がりを持っているか?」など、営業マンによって差が出るところ。僕自身、前職で不動産業に従事していたため、独自のノウハウや人脈を駆使して、ご主人の職場近くで近隣と比べてもお安い価格で、約100坪の土地をご紹介することができました。

◆高コストでも2棟建てるよりは経済的!◆

Q:二世帯住宅のプランニングはいかがでしたか?

A:お客様は親世帯が平屋、子世帯が2階建ての『完全分離型』の二世帯住宅をご希望でした。お風呂、キッチン、トイレといった水回り、玄関など基本的に全てがそれぞれの世帯にあり、リビングの廊下を介して、住まいが繋がっているタイプです。二世帯の中では、最もコストが高くなるタイプにはなりますが、それでも家を2棟建てるよりは法律的にも経済的。「プライベートはしっかり確保したい」「お互いに干渉し合わずに暮らしたい」というご家庭にはオススメです!



◆最後には“オッチー”と呼ばれる仲に♪◆

Q:地鎮祭後のお祝いに落石さんも参加したそうですね!

A:「ぜひご一緒に!」と食事のお誘いをいただいて参加してまいりました!M様ご家族とも大変親しくなり、「落石くんが言うんだったら間違いない!」と厚い信頼をいただけて、感謝の気持ちでいっぱいです。奥様からは最初、“落石さん”と呼ばれていたのですが、その後“落石くん”、最終的には“オッチー”と呼んでいただけるまでに(笑)。M様の住まいは間もなく完成予定です!お子さんを中心にスタートする新しい暮らしを今後も末永く見守らせていただきたいと思っています!
2019.09.19 | 固定リンク | 家づくり
+αの居場所で家族の暮らしを楽しく!もっと豊かに!~お客様事例・E様邸~
ご夫婦+お子さん2人のE様ファミリーは、下のお子さんの誕生をキッカケに家づくり計画をスタートさせました。当初は、マンション購入も検討されていましたが、「子どもが小さいうちは伸び伸びと育てたい!」との想いから一戸建てに決定。

東宝ホームにご依頼くださった理由は、性能の良さと標準仕様のクオリティーの高さ、そして「この会社ならやりたいことを実現できそう!」と家づくりへのこだわりを評価していただいたことでした。そのお言葉通り、要望のほとんどを実現し、全く後悔するところがないお住まいが完成。元気いっぱいのお子さんと新しい暮らしを満喫されています♪







~**今回は、E様の営業担当者にインタビューしました!**~

■外の景観を楽しめるカフェ風のスペース■

Q:設計で最もこだわった間取りはありますか?

A:設計時に「住まいの北側にある広い公園を眺められるスペースが欲しい!」との希望がありましたので、2階ホールにフリースペースを設けて、窓の高さに合わせたカウンターを設置しました。スツールやインテリアでカフェ風の雰囲気に。家事の合間に景色を眺めながらコーヒーを飲んだり、読書したりと、+αの空間として、暮らしに豊かさをもたらしてくれています。

■家族と共にそれぞれの時間が過ごせるLDK■

Q:LDKはご家族みんなのお気に入りだそうですね!

A:白を基調としたインテリアで吹き抜けを設けたリビングは、開放感も採光もバッチリです。ダイニングはキッチンと横並びにし、「お料理を運ぶ」「片づける」という作業に無駄な動線がなく、お子さんたちもお手伝いがしやすい設計に。ダイニングの壁側に設置したカウンターは、お子さんが宿題をしたり、奥様がPCで調べものをしたりするのにピッタリ。このようなカウンターがあるだけで、ダイニングテーブルが散らかるのを防げますし、家事をしながらお子さんの見守りもできるので、子育て世代にオススメしたいインテリア事例です。







Q:ほか、LDKのこだわりはありますか?

A:2階へと続くリビング階段は、細いアイアン手すりでスタイリッシュな印象に。また、LDKに繋がる和室は玄関ホールから直接の動線も確保し、突然の来客があっても、リビングを通らずスムーズにご案内できるようにしました。

Q:E様邸には、暮らしが楽しくなる居場所が散りばめられていますね?

A:お庭には、家族で日向ぼっこしたり、お子さんたちが駆け回って遊んだりできるウッドデッキがあり、こちらもE様ファミリーのお気に入りです。

注文住宅の家づくりにあたり、「家族の暮らし方を想像して、1つひとつ自分たちで間取りやインテリアを決めていくことは大変でしたが、その分楽しさも大きくて。やりたいことは殆ど実現できたので、後悔はありません!とっても満足しています!」と語ってくださったE様。外断熱+ハイブリッド・エア・コントロールにより、四季を通じて住み心地の良さを実感していらっしゃるそうです。

私たち東宝ホームは、「こんなのあったらいいな!」や、現在のお住まいで不便に感じている点など、様々な側面からお客様の要望を汲み取り、多数の注文住宅を手掛けてきた設計士とインテリアコーディネーターが理想の住まいを実現していきます。
ローカル特有のお付き合いもプライベートも大切にできる住まい~お客様事例・N様邸~
築50年のお家の間取りに暮らしにくさを感じ、建て替えを決意されたN様。昔ながらのご近所付き合いがより快適になるように様々な工夫を凝らし、ご家族全員が満足できるお家が完成しました。どこからでも気軽に来訪者とコミュニケーションが図れる間取りや、東宝ホーム住宅の性能など、担当営業・中村がお答えします♪





■お付き合いがもっと豊かになる!玄関土間のある暮らし■

Q:以前の住まいから一番変わったことはありますか?

A:N様宅は、毎月お寺さんがお経をあげに来られるのですが、お坊さんとは長いお付き合いがあり、いつも直接仏間にあがられていました。以前の住まいでは、リビングを通らなければ仏間のある和室へいけなかったため、休日にリビングで寛いでいるとき、「こんにちわ~」とお坊さんが入ってこられるので、息子さんはビックリされることもあったようで…。
「プライベートな空間も大切にしたい!」とのご要望から、お坊さんがリビングを通らず、和室に直接あがれるよう、玄関土間をもうけました。広々とした玄関土間は、お母さまがご近所さんとおしゃべりするスペースとしても活躍しているそうです。

また、“軒先のお付き合い”として気軽に人が集えるようLDKに沿って深い軒を設けました。1階全体は、ローカルならではの密接なコミュニケーションを快適に、そして息子さまのご要望であるプライベート空間も維持できるように設計しています。
※玄関土間は【KBCマイホーム展示場久留米会場】が近い事例になります。気になる方はぜひチェックしてみてください。

Q:農家ならではの工夫はありますか?

A:農具などを収納しているガレージ近くの洗面所に広めの勝手口をもうけました。農作業から帰ったら勝手口で土を落として、そのまま作業着などを洗濯機へ投入できます。室内に土や汚れを落とすことなく、動線もスムーズになったので、お母さまが大変喜んでおられるそうです!







■夏は涼しく、冬は暖かい♪優れた性能に絶賛!■

Q:外断熱+ハイブリッド・エア・コントロールの性能は実感されていますか?

A:以前のお宅では、給湯器はボイラー式、暖房器具はストーブをメインでお使いになられていたので、冬場は灯油を買いに行くのも、器具に投入するのも大変負担が大きかったようです。真冬の光熱費は4~5万円も掛かっていたそう…。それが現在では、エアコン1台で一階全体が暖まるので、ストーブはもちろん不要に!灯油を買いに行く手間もなくなり、光熱費も1万円台に収まっているそうです!!なかでも、優れた断熱性を実感したのは“冬場のお風呂”なのだそう!夜に溜めたお風呂のお湯が朝まで温かく、普通に入浴できたことに感動!もちろん、夏場はエアコン一台で一階全体が涼しいので、お盆の集まりの際、親戚の方もびっくりされていたそうです。

いかがでしたか?住み心地の良さはもちろん、コミュニケーションもデザインしたN様邸。私たち東宝ホームは、土地柄、ご家族の要望、地域の方との関わりなど、様々な要素を加味したプランニングで、より快適な暮らしを実現していきます。※なお、N様邸の建物価格は、税抜きでおよそ2500万円+諸経費です。ぜひ参考になさってみてください♪