TOHOブログ

東宝ホーム 福岡TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

多目的にも活用できる!テレワークスペースのススメ
新型コロナウイルスの影響により、テレワークを導入する企業も多く、働き方が大きく変わってきています。これから先、勤務先から突然、テレワークをお願いされる可能性もないとは言い切れません。そこで今回は、テレワークスペースを取り入れるのにおすすめな間取りを実際の事例と共にご紹介します!



◆LDK◆


リビングやダイニングの一部を区切って、カウンターを設置します。パソコンは据え置きにして、ダイニングの椅子を作業の時だけ使う方も多いです。家事をしながらデスクワークできるので、奥様におすすめの仕様になります。もちろん、テレワークスペースとしてだけでなく、お子さんのスタディーコーナーとしても活用可能です。








◆和室◆


和室内にカウンターを設けて、掘りごたつのように足を伸ばせるタイプが人気です。リビングとゆるやかに繋がる和室なら、家族と一体感がありながら、程よい個室感覚で使用することができます。


◆寝室◆


「集中できるスペースで作業をしたい」という方は、寝室の一角にカウンターを設置してはいかがでしょうか。その際は、居室の照明とは別に、作業用の照明を設置することがポイントです。下記の画像のように、寝室につながる吹き抜け部に書斎スペースを設けることもできます。ほか、ご夫婦それぞれの寝室を書斎とウォークインクローゼットでつなげることで、お互いの趣味を共有するスペースにした事例もございます。






◆スキップフロア◆


カウンターを設置し、その下に足を伸ばせるベンチがあると大変便利です。後方の壁を本棚にすれば、ちょっとした書斎スペースにもなります。リビングと一体感があるスキップフロアは、テレワーク、お子さんの宿題、読書、PC作業など、ご家族みんなでフレキシブルに活用できます。







◆2階ホール◆


東宝ホームの住まいは、外断熱+ハイブリッド・エア・コントロールにより、エアコンによる快適な温度が家じゅうに行き渡ります。2階ホールも夏は涼しく、冬は暖かいので、テレワークとしても最適です。




エアコン効率が良く、エアコンを付けている時間、台数が減るので、光熱費もグッとお得になります。「テレワークで光熱費が高くなった!」なんて心配は無用です。

**最適なネット環境でStay Homeを快適に!**
自宅で過ごす時間が多くなったことで、ネットを利用する機会も増えてきています。
「2階に有線LANを引いてネットゲームを楽しみたい!」
「LANやテレビの配線を外に出さずにキレイに収納したい」
といった要望を実現できるのも注文住宅の魅力です。





いかがでしたか?
テレワークとしてだけでなく、多目的に使えるスペースがあることで、
急な生活の変化に対応できたり、暮らしがより豊かになります。
間取りやインテリアに関するご相談は、東宝ホームの設計士とインテリアコーディネーターにおまかせください♪
2020.09.24 | 固定リンク | 家づくり
家づくりで土地や性能と同じくらい大切なこととは? ~スタッフ回顧録―Part⑬~
今回は、hitマリナ住宅展示場に常駐する営業スタッフ・松田がI様邸の家づくりストーリーを振り返ります。入社5年目の松田ですが、休日の楽しみはYouTubeでお笑いの動画を観ること!イチ押しの芸人は、お笑いコンビの「ラランド」だそうです。インドアだけでなく、旅行も大好きで、「少し前にはなりますが、長崎県の雲仙はすごく良かったです!」と語ってくれました。













Q:I様との出会いを教えてください。

A:分譲地の見学会にお越しいただいたことがI様との出会いです。そのときは、既に他社でご契約する直前で、「東宝ホームも気になっていたので、確認しにきました」とのことでした。その後、I様が以前から希望しておられたエリアに土地が見つかったこと、また、手前みそではありますが、自分の人柄を気に入っていただき、東宝ホームでご契約していただける流れになりました。

ところが、その後、私とI様の間でちょっとした連絡の行き違いがありまして…。「冷静になって考え直したくなったので、一旦契約は白紙にしてください」とのお申し出がありました。I様とは、すごく良い関係を築くことができていただけに、些細なことに気が付けなかった自分が悔しくて。その日の夜にご自宅へお詫びに伺い、「東宝ホームの人間だからとかは関係なく、人としてお詫びさせてください!」とお伝えしました。






◆便せん4枚に綴られたメッセージ◆


Q:その後、I様からご連絡はあったのでしょうか?

A:それからしばらくはご連絡が途絶えていたのですが、2ヵ月後に「やっぱり松田さんのことが忘れられなくて…」とご連絡をいただけたんです!その後、ご契約いただいた際にご主人様から一通の手紙を渡されまして…。封を開けると、便せん4枚に渡って、自分とI様との出合いやさまざまなエピソードと共に、「あの時に、お詫びにきてくれた姿が忘れられない。やっぱり松田くんに家づくりを託したいと思いました」と綴ってあり、すごく感激しました。


◆家づくりを介した人と人とのお付き合い◆


Q:その経験から得たものはありますか?

A:I様が後に打ち明けてくださったのですが、他社でご契約が決まりかけていたにも関わらず、東宝ホームにお越しくださったのは、「正直、家や性能、土地は良かったけど、担当者の対応が良くなかったから…」とのこと。この経験から、家づくりにとって土地や性能は重要だが、やはり人と人とのお付き合いを抜きにはできないと強く実感し、一棟一棟に対する想い入れがますます強くなりました。


Q:引き渡し後、I様とのお付き合いは続いていますか?

A:もちろんです!住み心地に関しても「文句が1つもない!」と嬉しいお言葉をいただきました。I様からは、「松田さんは、嘘がつけない性格だよね。お客様にとってデメリットになるようなことも言っちゃうし。だけど、そこが良いところだよ」と言われたことが嬉しくて。今でも、ご自宅の近くにいったときは必ずご挨拶に立ち寄らせていただいていますし、時には飲みにいくこともあるんです(笑)。I様は人生の先輩でもあるので、今では私がいろいろと相談にのっていただいています!

【家事ラクに注目!】モデルハウスのチェックポイント
共働きや子育てを頑張るファミリーの強い味方になってくれる家事ラク。「家事が大好き!」という方も、より快適にお料理やお掃除ができたら、おうち時間はもっと楽しくなります。そこで今回は、住宅展示場や建売モデルハウス、完成見学会などを訪れた際にチェックしていただきたい“家事ラク”ポイントを集めてみました!

*■水回りの家事動線■*


水回りは直線的な動線にすることで効率良く家事を進められます。展示場に行った際は、実際に動いてシミュレーションしてみるのがオススメ。東宝ホームでは、展示場を見学した後、特徴のあるモデルハウスや、(空いていれば)宿泊体験展示場へそのままご案内することも可能です。ほか、宿泊体験展示場に泊まっていただくことで、洗濯したり、お料理したり、お風呂に入ったりと、より細かいところの使い心地を確かめていただくこともできます。
 

*■ランドリールーム(室内干しスペース)■*


共働きファミリーに人気のランドリールーム。濡れた洗濯物を干す場所なので、日当たりや湿気が気になるところですが、東宝ホームの住まいは、『外断熱+ハイブリッド・エア・コントロール』によって、夏場であっても家じゅうがサラサラ。安心してお好きな配置にランドリールームをつくることができます。ほか、全戸標準仕様で浴室乾燥を搭載しているので、浴室の扉を開けて、脱衣所と浴室に室内干しすることも可能です。脱衣所の広さやランドリールームからの動線など、各展示場や見学会でチェックしてみてください。
 

*■収納のボリューム■*


新築を機会に「収納を充実させたい」と考える方も多いと思います。ですが、必要以上に収納を取り過ぎると、居室が小さく、建物は大きくなってしまうので、お客様にとってメリットがありません。そのため、東宝ホームでは、「収納したい物」「処分する物」の量をヒアリングし「家具リスト」を作成。そのうえで、今後の暮らしを見据え、ご家族に見合ったボリュームの収納をご提案します。



*■玄関収納(シューズクローク)■*


玄関に大容量の収納があると、子育て~老後まで長く活用できます。お子さんが小さいときは、ベビーカーや三輪車、ほかにもアウトドアグッズや部活用品などもラクラク収納。老後に必要となれば、車椅子を置くこともできます。下足と収納それぞれにどれくらいのスペースが必要か、見学会などで確認してみましょう。





いかがでしたか?
展示場や見学会を訪れた際、ご自身の暮らしと照らし合わせながら、
今後の家づくりの参考にしていただけると嬉しいです♪
2020.08.27 | 固定リンク | 家づくり
【新卒インタビュー】hit香椎浜住宅展示場の東田です!
先月に引き続き、福岡支店の新入社員をご紹介します。
出身は、美味しい「南関揚げ」でも有名な熊本県南関市!
最近は、筋トレにも挑戦中♪
自他ともに認める真面目な性格で、周囲からの期待も高い営業の東田です。


  

◆お客様と長く付き合える仕事に就きたい◆


Q:入社のキッカケを教えてください。

A:学生時代はホテルでアルバイトをしていました。結婚式で接客を担当することもあり、たくさんの「幸せな笑顔」を拝見する機会に恵まれました。その経験から、自然と「人を喜ばせたい」「お客様へ誠意を持って長くお付き合いしたい」と考えるようになったことがキッカケです。一生に一度のビックイベントである、家づくりをご提案することは、まさしくお客様の笑顔や幸せに通じると日々実感しています。「壇蜜さんに会えるかも?」という期待があったことは、ココだけの秘密です(笑)!



◆笑い声が絶えない明るい職場◆


Q:hit香椎浜展示場の雰囲気はどうですか?

A:率直に言ってすごく良いです♪どこの支店でも同じだと思いますが、事務所にいても、展示場にいても、いつも笑い声のある風通しの良い社風だと思います。それだけでなく、尊敬できる先輩や上司がたくさんいるので、新社会人として得るものが多く、この環境に日々感謝しています。


Q:実際に働いてみての感想は?

A:現在は、性能や資金のことなど、住宅について目下勉強中です。先輩の接客に同席もさせていただいています。東宝ホームは、自社で豊富に土地を保有していることから、お客様の家づくりをトータルでサポートできることも強みです。私も早く一人前になって、お客様に喜んでいただけるようなご提案をしていきたいです。



◆先輩の全てを真似したい◆


Q:直属の先輩は児嶋さんですよね?

A:はい!児嶋さんからは、毎日いろいろなことを教えてもらっていて、最近ではプライべートの相談にまでのっていただいています。児嶋さん自身、東区出身ではないのですが、エリアの深い情報をしっかりとインプットされていて。新しい土地が出ると、実際に足を運んで、写真を撮影したり、駅まで歩いてみたりしているそうです。そうやって、間違いのない情報を持って、お客様に提案している児嶋さんの姿勢を尊敬しています!


(左:児島 右:東田)

いかがでしたか?
教育担当の児嶋に尋ねたところ、「東田くんの長所は、全てに真っすぐな姿勢で取り組む誠実さ。自分が新人だったころとはまた違った個性や強みを持っていているので、先輩たちから沢山のことを吸収し、持ち味を生かしていって欲しいですね!」とのこと。
今後、東田がお客様を担当し、【スタッフ回顧録】に登場する日を乞うご期待ください♪
新規分譲地【サニーガーデン博多の森東】好評販売中です!

私たち東宝ホームは、住宅そのものだけでなく、周辺の環境を含めた快適な暮らしをお客様にご提案するために、幅広いエリアにたくさんの自社分譲地を保有しています。

代理店を介さないので、いつでもすぐにご見学いただけますし、土地と建築費用の見積もりや住宅ローン、契約などが窓口一本でスムーズに行えることも大きなメリットです。

 

土地を自社保有していることのメリットは、ほかにもたくさんあります。

分譲地内の道幅や樹木、街灯にいたるまで街全体をデザインしているので、

「せっかく新築を建てたのに周囲の環境と合っていない…」

「隣家との境界線や、窓の配置による視線が気になる…」

といった心配は無用。

分譲地のご近所さんは、同じ時期に家を建てた方ばかり。

子育て世代が多く、新しいコミュニティーを共につくっていけることも大きな魅力です。

 

さて、今回ご紹介したいのは、これから子育てをしていくファミリーにピッタリの分譲地【サニーガーデン博多の森東】です。車で約5分のところに大型ショッピングモール「イオンモール福岡」をはじめ、スーパーマーケットがあり、毎日のお買い物もラクラク。ほか、オススメポイントをご紹介していきます。

 

◆近隣に教育施設が充実!◆


◎志免中央幼稚園:徒歩3
◎志免さくら保育園:徒歩8
◎志免町立志免中央小学校:徒歩10
◎志免町立志免中学校:徒歩1

 

小学校の登下校はもちろん、中学校で部活帰りが遅くなっても安心できる近距離です。周辺には公園やスイミングスクールなど、お友達と遊んだり、習い事に便利な施設が多数あります!

 

◆平均約55坪と広めの宅地◆


9区画の宅地は、平均約55坪と、同エリア内の平均に比べて広めの敷地を確保しています。志免のなかでも人気のエリアでありながら、志免町高峰にある大型分譲地は、この【サニーガーデン博多の森東】のみ! 福岡でも注目されているエリアとあり、たくさんのお問い合わせをいただいています。




 

◆随時見学受付中です!◆


宅地の造成は9月に完成する予定ですが、いつでも現地を見学できます。教育施設の充実など、人気のエリアであることから、契約済みの区画も出てきておりますので、お早めにお問い合わせください。※スタッフが常駐しておりませんので、現地見学の際はhit香椎浜住宅展示場(TEL:092-672-8785/定休日:火曜日、水曜日)までお気軽にご連絡ください!



サニーガーデン博多の森東の詳細

>>https://fukuoka-toho.com/lot/?dno=13&area=8&detail=on

その他の分譲地はこちらから

>>https://fukuoka-toho.com/lot/